宝石買取ハンドブックTOP » 宝石買取のシチュエーション » 遺品を処分する方法
宝石査定額合計ランキング【 best3 】
  • 1位 ドリーム
  • 2位 なんぼや
  • 3位 大黒屋

遺品を処分する方法

故人の思いが詰まった遺品ですが、ずっと同じ形で残しておくことは難しいでしょう。処分するものが大量にあったり、価値のあるものを査定に出したりしなければならないからです。

ここでは、遺品を処分するときの方法や業者に頼む場合のメリットとデメリット、注意点、さらに供養が必要なものをまとめました。遺品の処分方法でお困りの人は、ぜひ参考にしてください。

遺品の処分について

遺品整理とは、亡くなった方の遺品を仕分け、整理することです。遺品の中でも必要なものは保管し、価値のある宝石類や貴金属は買取業者にて買取をしてもらえます。

遺品で不要なものは処分しなければいけません。処分するものが少しであれば、家族や親族だけでも作業はできるはずですが、処分するものが大量にある場合には、買取業者に依頼したほうがスムーズに終わるでしょう。

遺品整理のうち、形見分けについては特に気を付けないといけない点があります。ものによっては相続税がかかる物品があるからです。相続税がかかる物品の例としては、金融資産の預貯金や株式、不動産の住宅や土地、骨とう品、美術品、車や損害賠償金の権利などさまざま。

もし遺品整理の場面になったら簡単には考えずに、遺品整理のプロや詳しい方に相談しましょう。

遺品の処分方法について

遺品を処分する方法を知る前に、遺品の種類を知る必要があります。遺品には家具や家電類、衣類、雑貨類、書籍、現金、そして思い出の品などです。

故人や家族の思い入れがある品を処分するのは、簡単なことではありません。家具や家電など大きく重い品も、処分に困ってしまいます。仮に家の引き払い期限がある場合には、たくさんの種類がある遺品を素早く整理しなければいけません。そうなると、かなりの効率が求められてきます。

業者に頼らずに自分たちで遺品整理を行なう流れは、以下の5つです。

  1. 思い出の遺品類(形見など)の仕分け
  2. リサイクル可能なものの仕分け
  3. ごみの分別
  4. 分別したごみを処分する
  5. 家屋・部屋の各種手続き、処理を済ませる

必要なものや重要なもの、思い出の品を最初に仕分けて確保します。その次にリサイクル可能なものの仕分けです。資源の再利用が可能な品があるようなら、積極的に買取をしてもらいましょう。

残った不要なもののほとんどはゴミになります。燃えるもの、燃えないものなど自治体の区分に従って分別しましょう。ごみの分別が終わったら、それぞれ廃棄処分します。

最後に部屋の清掃や原状回復、リフォームなどをして、退去や売却の手続きをしましょう。

遺品の処分業者に頼む場合

遺品の処分をプロの業者に依頼する場合のメリット・デメリットと、リサイクルや高価な品を売る場合の注意点を紹介します。

メリット

作業は遺品整理専門の資格を持つ遺品整理士という有資格者と、経験豊富なスタッフに任せておくだけ

仕分けから回収までの作業全部を業者に依頼するのか、遺品整理だけは自分たちでやり、処分するごみだけを不用品回収業者に依頼するなど、作業の種類によって適切な業者を選べる

デメリット

遺品の中にはリサイクルに出せるものや、買取業者に買い取ってもらえるものも多くあります。

リサイクルできるものの例にはテレビやエアコン、冷蔵庫、洗濯機にパソコンなどがリサイクルできるものです。これらは製造から5年以内であれば、リサイクルショップで買取をしてくれます。しかし、一般的に5年以上が経過している家電製品は、買取価格は付きません。そのため、法令に従ったリサイクル処理が必要になってきます。

高価な宝石や貴金属は、買取店に持っていくことで高く買い取ってくれるので、遺品整理の段階でまとめておきましょう。

遺品を処分する際の注意点

遺品を処分する際に注意しなければいけない点は、遺品の中に供養が必要なものが入っていないかという点です。ゴミとして処分することは簡単ですが、思い入れが入っている品なので、できるだけ供養してあげたいという気持ちもあるのでは?

一般的に供養が必要と言われているのは、写真や手紙、日記などです。また、大事にしていた人形やぬいぐるみなども気持ちがこもっているため、同じように供養してもらう人もいらっしゃいます。

供養する遺品が段ボールなどに詰められるほど少なければ、お寺に配達して供養してもらう方法があります。費用や細かい方法はお寺によっても変わってくるので、前もって確認しましょう。

まとめ

遺品整理は遺品の種類や数、自分たちでやるのかプロの遺品整理業者に任せるのかによって大きく変わってきます。遺品の中には価値のあるものが眠っていることもありますが、素人目にはそれが分からないことも少なくありません。仕分ける遺品が大量にあると、思い出の品や価値のあるものが埋もれてしまう可能性もあるでしょう。

なるべくなら業者を利用し、高価な品の買取はリサイクルショップや買取店に依頼すると、遺品整理の費用以上になることも考えられます。もし宝石の好きな故人であった場合には、宝石買取のサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

宝石買取価格の真実

鑑定士

日経新聞にあった「価格差23倍も。宝石の買取価格はこんなに違う」を見て、本当にそんなに差が出るものなのか独自調査をすることに。向かったのは銀座・新橋にある7件の買取店。真実はいかに…

宝石買取の査定結果

1カラットダイヤモンド
買取査定ランキング

ダイヤモンドの指輪

1位 53万円

ドリーム 公式サイト

2位 52.7万円

七福神 公式サイト

3位 50万円

大黒屋 公式サイト

条件によって使い分け
宝石の買取り方法

厳選!宝石高価買取店カタログ

宝石高価買取のための鉄則集

宝石の訪問買取(押し買い)に要注意!

ダイヤモンド高価買取のコツ

ダイヤモンドの買取相場

ルビーの買取相場

エメラルドの買取相場

パールの買取相場

サファイアの買取相場

オパールの買取相場

トパーズの買取相場

トルマリンの買取相場

アレキサンドライトの買取相場

珊瑚(サンゴ)の買取相場

宝石買取の体験談

宝石買取のシチュエーション

サイトマップ

厳選!宝石買取店カタログ

ドリーム ブランドベイ 宝石広場 銀蔵 なんぼや セルビー 買取本舗七福神 バイセラジャパン おたからや 大黒屋 リファウンデーション ブランド コンシェル ゴールドプラザ 買取福助 ワンダープライス ウレル

宝石買取価格の真実

宝石鑑定士

日経新聞にあった「価格差23倍も。宝石の買取価格はこんなに違う」を見て、本当にそんなに差が出るものなのか独自調査をすることに。向かったのは銀座・新橋にある7件の買取店。真実はいかに…

宝石買取の査定結果

関連ページ一覧

Copyright (C)宝石買取ハンドブック All Rights Reserved.