宝石買取ハンドブック » アメジストの買取相場
実際の査定額で比較!
ダイヤモンドの高額買取業者TOP3

1位 ドリーム

\ 査定額平均:13万6,025円 /

店舗:港区新橋/宅配買取あり(全国)

2位 おたからや

\ 査定額平均:12万3,750円 /

店舗:台東区上野/宅配買取なし

3位 リファスタ

\ 査定額平均:10万2,923円 /

店舗:豊島区東池袋/宅配買取あり(全国)

※査定額平均について:東京に店舗があり、公式HPにダイヤモンドの見積もりシミュレーターを掲載している5店舗(ドリーム・なんぼや・おたからや・大黒屋・リファスタ)を回り、8つのジュエリーを実際に査定依頼。その査定額の平均から算出しております(2021年4月時点)。査定の詳細はこちらをご確認ください。
また、宝石の価格は日によって変動しますので、参考程度にお考えください。

アメジストの買取相場

投稿日:|最終更新日:

アメジストの買取事例や品質評価の基準、高額査定につながる査定ポイントをまとめました。

アメジストの買取相場

アメジストの買取相場の目安を調査してみました。ただ、アメジストに明確な相場・基準はなく、買取店舗や市場の傾向によって査定額は変動します。こちらでは大きさ別にアメジストの相場を紹介していますが、ジュエリーとしてのデザイン性や形・テリ・カラーなどの評価、そのほか使われている貴金属・宝石類によって価格に差が出ます。下記の相場はあくまで目安として考えてくださいね。

※希少なアメジスト=色が濃く、カラット数・透明度が高いもの

内容 買取価格(目安)
一般的なアメジスト 2,000円~10,000円
希少なアメジスト 300,000円~400,000円

アメジストの買取事例

アメジストはクォーツ(水晶)に分類される宝石で、ルビーやエメラルドに比べると買取相場は低くなります。ル―ス(裸石)の場合、2,000~5,000円ほど、高くても10,000円程度にしかならないことがほとんど。アメジストを買い取ってもらうときは、アメジストそのものだけでなく、デザインやブランド、メレダイヤモンドなどの付属している宝石が重要になってきます。

こちらでは宝石買取店のアメジストの買取事例を紹介。アメジストの買取価格の参考にしてください。

アメジストのワイドリング:買取価格2.4万円

アメジストの買取事例01_  
引用元HP:リファスタ
(https://kinkaimasu.jp/result_detail/?id=9826)2019年11月時点

紫の色味がキレイに出ているアメジストのワイドリング。サイドはレースのようなデザインがあしらわれており、指先を美しく見せてくれます。アメジストの美しい透明感とデザイン性が評価され、脇石がないにも関わらず2万円を超える査定となりました。

アメジストのブローチ:買取価格3.44万円

アメジストの買取事例02_アメジストのブローチ
引用元HP:リファスタ
(https://kinkaimasu.jp/result_detail/?id=9782)2019年11月時点

やや高値となっているのは、ダイヤモンドの価値+デザイン性によるもの。また、K18イエローゴールドの地金分も買取価格にプラスされています。ながれるような曲線とライン上に並べられたダイヤがとくに美しいブローチです。

アメジストのネックレス(岩倉康二デザイン):買取価格7.5~11.3万円

アメジストの買取事例03_アメジストのネックレス(岩倉康二デザイン)
引用元HP:リファスタ
https://kinkaimasu.jp/actual_results_detail/?id=277689

日本を代表するジュエリーデザイナー・岩倉康二作のネックレス。トライアングルをモチーフにしており、脇石にはダイヤモンドがあしらわれています。アメジスト、ダイヤモンド、デザイン、ブランド…すべて高評価で、アメジストではなかなか見られない高額査定につながりました。

アメジストの評価基準

色味の濃さが評価の基準

アメジストの評価は、やはり色味・カラーが重要になってきます。価値が高いとされるのはライラックカラーと称される濃い紫色。色の濃さと比例して、買取価格も高くなっていきます。とはいえ、ルビーやエメラルドに比べると買取価格は安くなってしまうのが実際のところ。

アメジストのジュエリーを査定に出す場合は、アメジスト自体の評価だけでなく、ブランドやデザイン性、脇石に使用されている宝石、金やプラチナなどの素材といったアメジスト以外のポイントも大切になります。

アメジストを高く売るためには?

アメジスト自体はそれほど高額な宝石ではありません。深く濃い紫色のアメジストや、色溜まりが見られるカラーバンドのアメジストなら高値で取引されますが、ほとんどのアメジストはほかの宝石と比べると安い値段で取引されます。

そのため、アメジストを高く売りたいなら「ブランド・デザイン・脇石・地金」といった部分もきちんと評価して、査定価格にプラスアルファしてくれる専門店がおすすめ。とくにメレダイヤがあしらわれているアメジストは、ダイヤモンドの価値がプラスされるので、アメジストの買取に強い専門店よりも、ダイヤモンドの買取に強い専門店のほうが、実は高く売れるかもしれません。

ダイヤモンドを高く買い取ってくれる業者はこちら>>

鑑別書・鑑定書があれば一緒に持っていく

鑑別書がある場合は一緒に持ち込みましょう。鑑別書には宝石の種類や施されている加工などが記載されており、宝石の真贋を証明することが可能です。色石の品質評価はプロでも難しいため、査定に出すと必ず「鑑別書はありますか?」と聞かれます。

鑑別書がない場合、業者側が宝石を販売するため新しく鑑別書を取ることがあり、その分の経費を差し引いて見積もりを出す場合があります。すべての鑑別書を一緒に持ち込むと、見積額がほんの少しアップすることも考えられます。すべての業者がそうしているわけではありませんが、鑑別書をつけると査定額が上がる可能性がより高まります。

プロでも難しいからこそ「宝石の価値を正確に判断できる鑑定士」のいる買取ショップを選ぶことも大事なポイントの一つです。

付属品を残しておく

購入時についていた箱や袋などが残っているとさらに高く評価してもらえる可能性があります。購入時と同じ包装状態で査定に出せればベストですね。

普段から保管方法やお手入れ方法に気をつける

万が一手放すときのために、普段から丁寧に保管・お手入れしましょう。日常で使用する程度なら軽く水拭きをするだけでOK。汚れが目立つ場合は、柔らかい布に薄めた中性洗剤を含ませて優しく拭き取ってください。保管の際は、汚れができるだけ付かないようフタつきのジュエリーボックスに入れるのがおすすめです。

汚れを綺麗にしてから査定に出す

宝石の輝きが美しいほど、当然買取額も高くなっていきます。長年使用していたジュエリーは表面に汚れが付着している可能性が高いので、査定に出す前にやわらかいタオルで優しく汚れをふき取ってあげましょう。

キャンペーンを利用する

業者によっては、買取価格10%アップキャンペーンなどを行っているところもあります。そういうタイミングを見計らって売却するのもひとつの手です。

そもそもアメジストってどんな宝石?

アメジストは宝石のなかでも「クォーツ(水晶)」に分類される鉱物です。アメジストの特徴的な紫やピンクといった色合いは、微量の鉄分と自然界にある放射線が影響しています。

アメジストという名前は、「酒に酔わない」と言うギリシャ語が由来。古代ギリシャでは魔よけや眠気ざまし、知性を磨くパワーストーンとして使用されていました。また、その色合いから知的さ、清廉さといったイメージが付き、戦士が身を護るためのお守りとして着用していたそう。キリスト教においては、禁酒・禁欲の象徴する「司教の石」として聖職者が好んで身に着けたというエピソードもあります。

アメジストのカラー

クォーツのなかで、紫がかった石をアメジストと呼びます。色によってはほかの名前で呼ばれるため、ルビーやエメラルドのようにさまざまな色味がある宝石ではありません。

一言に紫と言ってもニュアンスのちがいはあり、濃淡のちがいや灰色がかった紫、ピンクがかった紫などのアメジストもあります。また色ムラが多いのもアメジストの特徴の1つ。全体的に深い紫をしたものが高評価されます。

とくに色味が美しいとされるウルグアイ産のアメジストのなかには、石のなかに濃い紫をした塊のようなものが入っている「色溜まり」があることも。「カラーバンド」とも呼ばれ、アメジストのなかではとくに高額で取引されています。

アメジストのインクルージョン

インクルージョンとは、宝石のなかに見られる内包物のこと。基本的には内包物は少なければ少ないほど良いとされています。アメジストはほかの宝石と比べるとインクルージョンがやや多いのが特徴。

しかし、最近では合成によってつくられたアメジストが多く出回っており、インクルージョンが入っていたほうが天然だと分かりやすく、あえてインクルージョン入りのアメジストを探す人も。とはいえ、位置や大きさ、内包物自体の色次第ではアメジストの価値が損なわれてしまうこともあります。

アメジスト?アメシスト?名称のちがい

一般的にはアメ『ジ』ストと呼ばれていますが、宝石専門店に行くとアメ『シ』ストと紹介されていることも。どちらが正しいのか不思議に思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

実は正式にはアメ『シ』ストが正しいのだそう。日本ジュエリー協会・宝石鑑別団体協議会(AGL)が共同で発表した「色石等に関する定義および命名法」では、【宝石名 グリーンド・アメシスト】と紹介されており、公式的にはアメ『シ』ストのほうが正しいのです。

アメジストを専門買取店で買い取ってもらった人の体験談

「壊れたアメジストの指輪が、意外な高額査定に!」

友だちからもらったアメジストの指輪をずっと大切に使ってきたんですが、先日この指輪が壊れてしまい、修理店にも持ち込んだんですが直すのは難しいと言われ、諦めて売ることに。最初はフリーマーケットに出そうかと思っていたんですが、壊れたジュエリーでも買い取ってもらえる宝石買取店があると聞いて、持ち込んでみました。すると、快く買い取ってもらえたうえ、結構良い値段で売れたんです!とってもうれしかったです。

「正直に言えば、ちょっと残念…」

小さいアメジストがついた金の指輪などを4点売りました。宝飾店で買い取ってもらいましたが、アメジストや金のクオリティもそれほど良いものではなかったようで、4点で3万円という結果に。正直に言えば予想よりも安い金額でしたが、理由を丁寧に説明いただいて納得できたので即決で買い取ってもらいました。とにかく、値が付いただけでもよかったのかなと思います。

査定調査 8つのジュエリーを5社に買取査定!本当に「信頼できる」ダイヤモンド買取店を教えます 公式サイトのシミュレーターとの差額も調査!

ダイヤモンドを買い取ってもらうなら、しっかり査定してくれるところにお願いしたい…。そんな思いを抱えた5人が、サイト管理人の大谷好男(だいやよしお)の指示のもと、事前に見積もり額がわかるシミュレーター掲載の5店舗をまわり、実際の査定額との差をチェック。参考にしてみてください。
太字が実際の査定額、赤太字が一番高値がついたお店、カッコ内がシミュレーターの金額との差分です。

                                         

婚約はきお

石売キャバ子

遺品おさむ

遺品おさむ

遺品おさむ

遺品おさむ

思出別美

指原リコ

ドリーム

¥57,000(+16,000~24,200) ¥48,000¥320,000 ¥30,000 ¥30,000 ¥80,000 ¥100,000(+17,400~35,900) ¥380,000(+22,700~94,200)

なんぼや

¥53,000(―78,700) ¥50,000 ¥300,000 ¥30,000 ¥31,000 ¥115,000 ¥80,000(―131,800) ¥120,000(―285,800)

大黒屋

¥55,000(―8059) ¥45,000 ¥250,000 ¥25,000 ¥30,000 ¥50,000 ¥80,000(―15,879) ¥250,000(―100,298)

おたからや

¥51,000(―95,700) ¥47,000 ¥300,000 ¥30,000
前後
¥40,000 ¥50,000 ¥92,000(―132,000) ¥380,000(―30,000)

リファスタ

¥55,000(+9,000) ¥45,000 ¥230,916 ¥34,737 ¥48,439 ¥69,881 ¥88,856(―11,144) ¥250,552(―106,448)
                           

※5店舗に実際に査定した金額を出しています(2021年4月時点)。シミュレーターはダイヤモンドのみの価格で、実際の査定額はプラチナや地金なども含まれた価格を意味します。宝石の価格は日によって変動しますので参考程度にお考え下さい。いずれも税表記なし。

ここPOINT
                                       大谷好男                                        
大谷好男
ダイヤはドリーム、色石はリファスタやなんぼや

実際に査定に行った結果、ダイヤモンドの価格を算出するシミュレーターとの差もそこまでズレがなく、ダイヤモンド買取で高値を出してくれるのがドリームだとわかります。38万円の値がついたダイヤリングについては、おたからやも同額をつけています。
ルビー、サファイア、エメラルドといった色石系は、リファスタとなんぼやが高値をつける傾向にあるとわかります。 実際に査定に行く際の参考にしてみてください。

実際に査定に行った結果、ダイヤモンドの価格を算出するシミュレーターとの差もそこまでズレがなく、ダイヤモンド買取で高値を出してくれるのがドリームだとわかります。38万円の値がついたダイヤリングについては、おたからやも同額をつけています。
ルビー、サファイア、エメラルドといった色石系は、リファスタとなんぼやが高値をつける傾向にあるとわかります。 実際に査定に行く際の参考にしてみてください。

本当に信頼できるのはどこ?8種のジュエリーを5社に査定依頼してみました