宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンドジュエリーの買取事例 » アガットのダイヤモンド買取事例

アガットのダイヤモンド買取事例

公開日: |更新日:

アガットは、1990年に日本で誕生したブランド。ネックレスやピアス、ファッションリング、ブライダルリングなど、幅広いジャンルのジュエリーを取り扱っています。ここでは、アガットのダイヤモンドジュエリーの買取事例、アガットのダイヤモンドの特徴などをご紹介します。

アガットのダイヤモンド買取事例

agete(アガット) リング

K18イエローゴールド素材に極小粒のメレダイヤを複数セッティングしたリング。細身で社者なデザインと、まるでハート型を描いたかのようなV字のアームが可愛らしく印象的なリングです。リング幅は約0.1cm、総重量は1.0g、サイズは13号。コンディションは「使用感あり」だったものの、付属品のケースが残っていたことが評価されて11,000円での買取が実現。差定義は2021年8月11日です。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35402287)

agete(アガット) ピアス

K14とK18という異なる純度のイエローゴールド素材に、計0.02ctのダイヤモンドをセッティングしたピアス。華やかながらも、どこかクラシカルな空気を感じさせるところはアガットならではです。トップのサイズは約0.8cm×0.8cm。コンディションレベルは「きれいめ」で、付属品のケースもあり。買取金額は5,500円でした。査定日は2021年7月25日になります。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35351352)

agete(アガット) ネックレス

K18イエローゴールド素材のチェーンのトップに、0.2ctのダイヤモンドをセッティングしたネックレス。一粒ダイヤモンドの存在感が、女性の胸元でエレガントに輝きます。トップのサイズは約0.4cm×0.4cm、チェーンの長さは約39.5~44cm、総重量は1.0g。コンディションレベルが「きれいめ」で、付属品として箱やケースが残っていたことも評価され、25,000円の高価買取となりました。査定日は2021年9月21日です。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35685804)

ダイヤモンドを高額買取してくれる東京のショップはココ!
\ 実際の査定結果も公開中 /

アガットのダイヤモンドとは?

ブランドの特徴

アガットは、1990年に日本で誕生したブランド。日本国内で雑貨やファッションなどを幅広く展開する「サザビーグループ」に属しています。

ブランドが誕生した当初は、シルバー素材を使ったリーズナブルなファッションジュエリーの展開が中心でした。のち、その奇抜で他にないデザイン性が注目を集めるようになり、それをきっかけにハイジュエリー市場にも参入。伝統的なヨーロッパの美意識をベースに、人の琴線に触れる多くの作品を発表するに至りました。

ジュエリーだけではなく、バッグや財布、時計など、アガット独自の世界観から数々のアイテムが生まれています。

ダイヤの特徴

米国宝石学会(GIA)が設定する基準に基づき、客観的に評価されたダイヤモンドのみをジュエリーに採用しています。

具体的には、カラーは最高ランク(DEF)のみを採用し、クラリティは透明度が高いとされる4種類(VVS1・VVS2・VS1・VS2)のいずれかを採用、カットは上位評価2種類(Excellent・Very good)のどちらかを採用しています。

もちろん、選んだダイヤモンドのグレードに応じて価格が異ります。また、グレードはお客さん自身が選択する形となります。

アガットの中古市場での価値

アガットは国産ジュエリーらしい丁寧なつくりをしていることから、中古市場でも評価の高いブランドです。また、アガットの個性的なジュエリーはこだわりの強い女性からの支持を集めており、さらに時代やシーンを選ばないクラシカルでシンプルなデザインで幅広い年代から人気があります。中古でも需要のあるブランドのため、高額買取を期待できるでしょう。

高額買取が期待できるシリーズは?

アガットが発表しているシリーズのなかでも高額買取が期待できるのは、リーズナブルな価格と魅力的なデザインでジュエリーに憧れる若い女性から人気の高い「アガットファースト」と、主張しすぎない美しい上品さと洗練されたベーシックなデザインが人気の「アガットクラシック」の2つ。また、Spring LimitedやWinter Limitedのような数量限定品も、希少価値の高さから高額買取を期待できます。

アガットの婚約指輪は高く売れる?

アガットは設立当初からオリジナルカットを施したこだわりのダイヤモンドを使用しており、その大胆なデザインが特徴的なブランドです。また、石の魅力を引き出すためにラフカットのみで仕上げたジュエリーや原石そのものを使ったジュエリーも発表しています。そういったコレクションからはアガットの石へのこだわりがうかがえ、オリジナルのカット技法と合わせて宝石の魅力を引き出すのに長けたジュエリーブランドと言えるでしょう。

また、アガットのジュエリーデザインは、レトロさを持ちながらモダン、クラシックさとファッション性の共存といった、ブランド独自のデザイン哲学を大切にしているのも特徴です。常にクリエイティブを追求する質の高いジュエリーを多く発表しているため、中古の婚約指輪でも買取に出す価値はあります。

アガットを高く買い取ってもらう方法

付属品をなるべく揃えて持ち込む

購入時に付いていた箱や保存袋、ギャランティカード、鑑定書、販売証明書などの付属品が揃っていると、買取価格にプラスしてもらえる可能性があります。今すぐに買取を検討していなくても、将来的に査定に出す可能性があるのであれば、付属品は捨てずに保管しておきましょう。

持ち込む前に簡単にお手入れをしておく

買取店に持ち込む前に簡単にお手入れをしておくと、ジュエリーの印象が良くなります。ただし、ジュエリーの種類によってお手入れ方法が異なるため、水やぬるま湯での簡単な水洗いと柔らかい布での乾拭き程度で留めておくのが無難。また、普段から使用後は柔らかい布で汚れを拭き取り、宝石に傷がつかないように保管することも大切です。

複数の業者に査定を依頼する

より高く買い取ってもらうなら、複数の業者に査定をお願いするのがおすすめです。アガットのジュエリーを積極的に買い取っていたり、デザインも査定にプラスしてもらえたり、などの理由から業者によって買取価格が異なることは十分にあり得るので、複数の業者に査定を依頼したうえで比較検討しましょう。複数の業者に査定を依頼する場合は、査定料やキャンセル料のかからないところを選ぶことも大切です。

早く買取に出す

ブランド品の多くは販売から月日が経つほど市場での評価額が下がるため、売ろうかなと思ったときが売り時です。特にブランドの新作や限定品などは需要の高いうちに買取に出すことで、より高く買い取ってもらいやすくなります。手放すのを迷っている場合は、まずは査定に出してみて、それから買い取ってもらうか決めるというのもおすすめです。

関連ページ

宝石買取ハンドブック

ダイヤモンドジュエリーの買取事例
銀座ダイヤモンドシライシのダイヤモンド買取事例
サバースのダイヤモンド買取事例
グラフのダイヤモンド買取事例