宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンドジュエリーの買取事例 » BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンド買取事例

BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンド買取事例

公開日: |更新日:

BOUCHERON(ブシュロン)は、1858年にフランスで誕生したブランド。ハイジュエリーを中心に、ウォッチやパフュームなど幅広いジャンルのファッションアイテムを展開しているブランドです。著名な某ハリウッド女優が愛用するブランド、というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?ここでは、BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンド買取事例、BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンドの特徴などをご紹介しています。

BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンド買取事例

BOUCHERON(ブシュロン) セルパンボエム トワエモア

K18イエローゴールドの素材に16ピースものダイヤモンドをセッティングした贅沢なリング。鮮やかなイエローゴールドと煌びやかなダイヤモンドのマッチングで、指元だけではなく全身をゴージャスかつエレガントに演出します。リング幅は約0.3~0.5cm、トップの大きさは約1.7~2.1cm、総重量は9.7g。コンディションレベルは「きれいめ」で、付属品として証明書が残っていたため、290,000円という高額での買取となりました。2021年7月27日に北海道で買取された商品です。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35343216)

BOUCHERON(ブシュロン) キャトル クラシック ペンダント

3種類のK18(イエローゴールド・ホワイトゴールド・ピンクゴールド)とブラウンPVDを素材とし、並ぶようにして複数のダイヤモンドを周回させたデザイン。パリの街並みを連想させる、ブシュロン独自のイマジネーションから生まれた傑作です。トップの大きさは約0.9cm×0.8cm、チェーンの長さは約42~44cm,総重量は約8.9g。コンディションレベルは「きれいめ」で、付属品として箱・ケース・証明書の3点が残っていました。買取金額は280,000円と高額。2021年8月12日に福岡県で買取された事例です。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35400979)

BOUCHERON(ブシュロン) エターナル グレース

2種類のK18(ホワイトゴールド・ピンクゴールド)をベースに、たくさんのダイヤモンドを一周させた華やかなリング。エッジをきかせるように傾斜させることで、意外な角度、意外な強さでダイヤモンドが輝きます。リング幅は約0.5cm、総重量は4.1g。コンディションレベルは「使用感あり」、付属品として箱・ケース(表面劣化剥がれ)・保証書が残っていました。買取価格は250,000円。2021年7月10日に東京都で買取された事例です。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35997634)

ダイヤモンドを高額買取してくれる東京のショップはココ!
\ 実際の査定結果も公開中 /

BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンドとは?

ブランドの特徴

BOUCHERON(ブシュロン)は、1858年に創業したフランス発祥のブランド。ブライダルリングやハイジュエリー、時計、香水などの幅広いアイテムを展開し、その品質の高さやデザイン性で世界中から人気を集めています。

個性的なデザインながらも、嫌味を感じさせない不思議な魅力。主張を抑えながらも他人とは違ったアクセサリーを身に着けたい、という方には、BOUCHERON(ブシュロン)のアイテムがぴったりかもしれません。

日本では、北海道から沖縄まで約20ヶ所に直営店を展開しています。

ダイヤの特徴

米国宝石学会(GIA)が定めた「4C」をベースに、BOUCHERON(ブシュロン)では、次のような基準でダイヤモンドをセレクトしています。

以上の基準を厳格に守ったダイヤモンドのみを採用しているため、BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンドジュエリーに関しては、どの商品を選んでも高品質が約束されています。

ブシュロンの中古市場での価値

ブシュロンはパリの5大宝飾ブランドの1つとしてあげられる老舗ブランドで、新作や人気のあるモデルの買取相場は定価の4割~5割程度とされています。そのほかのモデルでも定価の3割以上での買取を期待でき、中古市場においても需要の高いブランドです。ただし、宝石の状態や付属品の有無などで買取価格が上下することは留意しておきましょう。

高額買取が期待できるシリーズは?

ブシュロンが展開するシリーズのなかでも特に高額買取を期待できるのが、ブシュロンのアイコンにもなっている「キャトルリング」です。キャトルシリーズは女性だけでなく、男性からも高い支持を得ているのが特徴。また、指輪のほかにネックレスやブレスレットなども展開していますが、指輪の需要が特に高く、ほかのアクセサリーよりも評価が付きやすいアイテムです。

そのほかの高額買取が期待できるシリーズとしては、ヘビをモチーフにした「セルパンボエム」、結婚指輪や婚約指輪として選ぶ人も多い「ファセット」、熟練の職人によって丁寧にカットされたダイヤモンドが美しい「アバ」などがあげられます。

ブシュロンの婚約指輪は高く売れる?

スタイリッシュで大胆なデザインをしたブシュロンの婚約指輪は国内外のセレブから支持されており、おしゃれに敏感な花嫁が憧れるブランドの1つです。ブライダルジュエリーとしての需要があるため、中古市場においても高額買取を期待できるでしょう。需要や買取店によって買取価格が変わってくるので、いくつかの業者に査定を依頼するのがおすすめです。

ブシュロンを高く買い取ってもらう方法

刻印があってもそのまま買取に出す

ブシュロンで結婚指輪や婚約指輪などを購入して、刻印を入れてもらった人も多いはず。買取に出す際に刻印を消そうと修理を検討する人もいるかもしれませんが、修理に時間や費用がかかってしまうので、そのまま買取店に持ち込むことをおすすめします。

なぜなら大手の買取業者なら提携工房を抱えていることが多く、刻印があっても綺麗に消せるので、査定額への影響よりも修理費用で損をしてしまう可能性があるからです。同じように宝石が外れているなどの少し状態が悪い場合も、修理には出さずにそのままの状態で持ち込むようにしましょう。

なるべく付属品を揃えて買取店に持ち込む

ブシュロンのジュエリーを正規店などで購入すると、証明書が発行されます。偽造品ではないことの証明になるほか、ダイヤモンドの品質も記載されているため、買取に出す際に一緒に持ち込むと査定で有利になるでしょう。証明書以外にも箱や保存袋などの付属品が揃っていると次の買い手が見つかりやすいので、査定額にプラスしてもらえる可能性が高くなります。

複数の買取業者を比較検討する

買取店によって査定額に差が出ることがほとんどのため、高く買い取ってもらうなら複数の買取業者に査定を依頼するのがおすすめです。複数の業者に査定を依頼する際は、査定料・キャンセル料が発生しないところを選ぶようにしましょう。また、宝石の価値をしっかりと見極められる鑑定士が在籍しているかどうかも重要なポイントです。

関連ページ

宝石買取ハンドブック

ダイヤモンドジュエリーの買取事例
humのダイヤモンド買取事例
エクセルコのダイヤモンド買取事例
ポンテヴェキオのダイヤモンド買取事例