宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンドジュエリーの買取事例 » ダイヤモンドイヤリングの買取事例集

ダイヤモンドイヤリングの買取事例集

公開日: |更新日:

「勢いで買っちゃったけどあまり使っていない」「流行りが終わって身につける機会がなくなった」などの理由で、ダイヤモンドイヤリングを寝かしている方は宝石買取業者に査定してもらうのがおすすめです。

ほかにもオークションや質屋に持っていくという手もあります。このページでは実際のイヤリングの買取事例を調査して掲載しました。宝石買取店やオークション、質屋で売る方法も載せています。ダイヤモンドイヤリングをできるだけ高く売りたいなら一読する価値ありですよ。

ダイヤモンドのイヤリングの買取ポイント

人気のデザインか否か

人気があるティファニーのイヤリングで、先ず思い浮かぶのはオープンハートのデザインではないでしょうか? 人気ブランドが扱うデザインは需要が高く、買取金額でも高値が付きやすいです。

ダイヤモンドの品質

ダイヤモンドにある4C(重さ、色味、透明度、加工技術)の中でもカラット(重さ)は買取金額にも影響する重要な要素です。また、ノンブランドであっても品質が高いダイヤモンドは査定時に高い金額を提示される可能性がございますので一度お見せください。

付属品があることで買取金額が変わります

ティファニーといえばブルーのボックスに入っていますが、実はこのブルーボックスに入っている否かで査定額が変化する可能性があります。 購入時に付属していた箱、袋、鑑定書は大切に保管しておき、買取の際は一緒に査定へと出しましょう。

ダイヤモンドを高額買取してくれる東京のショップはココ!
\ 実際の査定結果も公開中 /

ダイヤモンドイヤリング買取事例集

買取事例を調査しまとめました。ダイヤモンドイヤリングを買取してもらう際の参考にしてみてください。

Pt850ダイヤモンドイヤリングの買取事例

ダイヤモンドイヤリングの買取事例

引用元:RE JEWELLERS
(https://www.feelsogood.jp/2019/06/032030ct.html)

買取価格:60,000円
ジャンル:ダイヤモンドのイヤリング
ダイヤモンド:0.32カラット/0.30カラット/SIクラス/GOOD/ラウンドブリリアントカット
品位:Pt850

左右に約0.3カラットのダイヤモンドをあしらった、フラワーモチーフのイヤリング。地金には3.7グラムのプラチナ850を使用しています。ダイヤモンドのクラリティ評価はSIでしたが、51,000円の査定額がつきました。査定当時の相場から、プラチナには9,000円の値が付き、計6万円で買い取られています。

K18WGダイヤモンドイヤリングの買取事例

ダイヤモンドイヤリングの買取事例

引用元:GREEBER(グリーバー)
(https://greeber.jp/kaitori_details.php?n=6744)

買取価格:28,000円
ジャンル:ダイヤモンドのイヤリング
ダイヤモンド:0.21カラット/0.23カラット
品位:K18WG

左右に約0.2カラットのメレダイヤをあしらったK18ホワイトゴールドのイヤリング。小ぶりながらも、存在感のあるデザインです。買取価格は28,000円となりました。

K18ダイヤモンドイヤリングの買取事例

ダイヤモンドイヤリングの買取事例

引用元:色石BANK
(https://iroishi-bank.jp/iroishi/diamond/9506/)

買取価格:53,000円
ジャンル:ダイヤモンドのイヤリング
ダイヤモンド:0.2カラット
品位:K18

人気ブランドのダイヤモンドイヤリングです。ダイヤモンドのカラット数は0.2ctで、ほとんど傷もなく、品質は良好でした。地金にはK18が用いられており、重量は8.8グラムとなっています。ダイヤモンドは小さめですが、その品質と、人気ブランドであることを考慮されて、53,000円の買取価格がつきました。

K18YGダイヤモンドイヤリングの買取事例

ダイヤモンドイヤリングの買取事例

引用元:リファスタ
(https://kinkaimasu.jp/result_detail/?result_id=304392)

買取価格:44,000円~50,000円
ジャンル:ダイヤモンドのイヤリング
ダイヤモンド:0.5カラット/0.5カラット
品位:K18YG

ループモチーフのゴージャスなイヤリング。左右あわせて34ものダイヤモンドがあしらわれており、左右あわせると1カラットになります。地金にはK18イエローゴールドが使用されていました。商品コンディションも良かったため、買取価格は44,000円~50,000円になるそうです。

Pt900ダイヤモンドイヤリングの買取事例

ダイヤモンドイヤリングの買取事例

引用元:玉光堂
(https://kaitori.gyokkodo.co.jp/item/pt900-イヤリング(メレダイヤ0-6ct)/)

買取価格:20,000円
ジャンル:ダイヤモンドのイヤリング
ダイヤモンド:メレダイヤ0.6カラット
品位:Pt900

0.6カラットのメレダイヤをあしらったPt900のイヤリングです。ずっと使用しておらず、家に置きっぱなしになっており、もったいないかな…と感じて買い取りに出したんだそう。しばらく使っていないアクセサリーにも、こちらの事例のように意外な高額査定がつくこともあります。

ダイヤモンドイヤリングの
買取事例をもっと見る

ダイヤモンドイヤリングを売る方法

できるだけダイヤモンドイヤリングを高く売りたいなら、まずはインターネットで情報を収集します。そのうえで、売却方法を検討しましょう。方法はいろいろありますが、ここではオークションや質屋、宝石買取店で売る方法をピックアップしてご紹介します。

インターネットオークション

最近では不要なものを手軽に売れるとして人気のあるインターネットオークション。パソコンやスマホから利用できるので、手軽にできる便利な方法です。販売価格も自分で設定できるため、一定の金額以上に設定すれば、納得のいかない価格で売れてしまうことはありません。しかし、個人売買という特性上、取引後にトラブルが発生するというリスクがつきものです。また希望していた値段では入札がなく値下げしなければならないことも。手軽であるとはいえ、出品や取引の手間を考えたうえで利用するべきだといえます。

質屋

一時的にお金が必要なら質屋を検討するのもひとつの手です。質屋はダイヤモンドイヤリングを預かって、お金を渡すというシステム。3ヵ月以内に元金と質料を支払うことで、預けていたものを返してもらうことができます。もしも料金を用意できなかったとしても、質に入れていたダイヤモンドイヤリングが担保になるので問題ありません。独自の流通システムを持っており、独自の査定基準があるのが特徴です。

宝石買取店

買取に特化しているのが宝石買取店です。ダイヤモンドイヤリングはもちろん、あらゆる宝石の価値を鑑定してくれる鑑定士が在籍しています。宝石の時価を把握して鑑定してくれるので、売るタイミングの適正価格を提示してくれるのが魅力です。また材質を基準に判断してくれるため、ダイヤモンドイヤリング本来の価値を見出してくれます。

金属部分に使われることの多いゴールドは時価が変動しやすいものです。時価の高まっているタイミングを見計らうことで、手持ちのイヤリングを高く売ることができますよ。

ダイヤモンドイヤリングを高く買い取ってもらうコツ

宝石専門の買取店で査定・買取してもらう

ダイヤモンドイヤリングを高く買い取ってもらうなら、宝石専門の買取店に見てもらいましょう。

ダイヤモンドの買取に強い宝石専門の買取店なら、ダイヤモンドに関する知識や買取の経験が豊富なため、メレダイヤなどの小さなダイヤモンドでも価値をしっかりと見極めてくれます。ダイヤモンドの知識や買取経験の少ない買取店だと、メレダイヤに値段がつかず、本来の価値よりも低い買取価格しか提示されないことも…。

特にダイヤモンドイヤリングは小さなダイヤモンドがあしらわれているものが多いので、ダイヤモンドの買取に強い専門店に査定や買取の依頼をするのがおすすめです。

鑑定書・保証書を用意しておく

ダイヤモンドの種類や価値を証明する鑑定書・保証書は、査定の基準になります。そのため、ダイヤモンドの鑑定に自信のない買取店に持ち込んだ場合、鑑定書・保証書がないと低めの買取額を提示される可能性があるので要注意。鑑定書・保証書が手元にあれば、必ず一緒に持ち込むようにしましょう。

鑑定書・保証書が手元に残っていない場合は、宝石鑑定士の国際資格を持ったスタッフのいる買取店がおすすめ。鑑定書・保証書がなくてもダイヤモンドの価値を見極めてくれるため、適切な買取額を提示してもらえる可能性が高くなります。

査定に出す前にお手入れしておく

査定に出す前にお手入れをしてダイヤモンドの印象を良くしておくことも、高く買い取ってもらうコツです。

ほとんど汚れが目立たない状態であれば、柔らかい布で優しく乾拭きするだけでも構いません。汚れが少し目立つ場合は、中性洗剤をぬるま湯で薄め、柔らかいブラシで優しく洗い落としてください。ただし、汚れがなかなか落ちないからといって、無理に強くこすり過ぎないようにしましょう。傷や石が外れる原因になります。

また、査定前だけでなく、普段からお手入れや取り扱いに注意しておくことも重要です。

ダイヤモンドイヤリングの扱い方

日頃のお手入れ・ケア

ダイヤモンドは油脂汚れがつきやすい宝石なので、お手入れをしないとせっかくの輝きが鈍くなってしまいます。そのため、ダイヤモンドイヤリングを着用したら、毎回お手入れするようにしましょう。お手入れする際は、柔らかい布やジュエリー専用クロスを使用し、優しく拭き取ります。

ダイヤモンドの曇りが気になる場合は、洗面器にぬるま湯と中性洗剤を入れて、イヤリングをつけ置きしてください。細かい部分の汚れについては、柔らかいブラシや筆を使って優しくこすり落とします。ダイヤモンドの裏側にも汚れがないかを確認し、あれば丁寧に磨きましょう。

つけ置きが終わったら真水でよくすすぎ、柔らかい布で優しく拭き取ってしっかりと乾かします。それでも汚れや曇りが気になるようであれば、ジュエリー専門のクリーニングに出すのがおすすめです。

保管方法

ダイヤモンドイヤリングはほかのイヤリングとまとめて収納している方も多いと思いますが、イヤリング同士がぶつかるとダイヤモンドや地金に傷がつく可能性があります。そのため、ダイヤモンドイヤリングを収納する際は、単体で保管するようにしましょう。

保管方法としては、専用ケースに収納する、もしくは100均でも購入できるピルケースを利用するのもおすすめです。また、イヤリングスタンドを使っておしゃれに収納するという方法もあります。イヤリングは小さくてなくしやすいため、取り扱いには注意して保管するようにしましょう。

入浴時の扱い方

ダイヤモンドイヤリングを着けたまま入浴すると、枠の溝に石鹸カスがたまってしまい、傷の原因になります。また、旅行先などで温泉に入るときも、泉質によっては地金の変色や変質を引き起こす場合があるので、入浴する際はイヤリングを外すようにしましょう。

スポーツをする際の扱い方

金属は汗で溶けるとイオン化しやすくなり、金属アレルギーの原因になります。海やプールに入るときも、砂で地金に傷がついたり、純度によっては錆や変色の原因になるので、スポーツをするときはイヤリングを外しておきましょう。また、海やプールに入っているときにダイヤモンドイヤリングが取れてしまうと、見つけるのはかなり困難です。そういった理由からも、イヤリングは外しておくことをおすすめします。

ダイヤモンドイヤリングの買取のまとめ

買取査定の傾向として、金属部分に使われるゴールドやホワイトゴールドを基準として査定を行なっているようです。もちろんダイヤモンドの部分も評価されており、両方価値を別々で判断した合計額を出してくれています。ゴールドやホワイトゴールドは、重量で価値が決まるため傷がついても価値が下がることはありませんが、その反対にダイヤモンドに傷があると価値が大幅に下がってしまいます。実は硬度が高く傷がつきにくいダイヤモンドにも弱点があり、一定方向からの衝撃を受けると簡単に割れてしまうことも。もしダイヤモンドイヤリングの買取を検討している方は、状態の良いうちに査定してもらうことをおすすめします。

ダイヤモンドを高額買取してくれる東京のショップはココ!
\ 実際の査定結果も公開中 /

関連ページ

宝石買取ハンドブック

ダイヤモンドジュエリーの買取事例
銀座ダイヤモンドシライシのダイヤモンド買取事例
ポンテヴェキオのダイヤモンド買取事例
俄(NIWAKA)のダイヤモンド買取事例