宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンドジュエリーの買取事例 » ダイヤモンドネックレスの買取事例

ダイヤモンドネックレスの買取事例

公開日: |更新日:

ダイヤモンドネックレスを持っているけど、「身につけることがなくなったので不要になった」「他のネックレスを購入した」など、いろいろな事情があり手放すこともあると思います。

どのような状況であれ、できるだけ高く売却したいものですよね。しかし、どうやったら高く売れるのか分からないという方もいると思います。そんなときは実際の買取事例を参考にすることで、高く売れるポイントを探るのもひとつの手段です。

ここではダイヤモンドネックレスを売った人の事例のみを集めてみました。ダイヤモンドネックレスを売りたい!と検討している方は必見です。

ダイヤモンドネックレスの買取ポイント

ダイヤモンドを使用したジュエリーは数多くありますが、その中でもリングと並び、高い人気を誇るネックレス。買取の際はダイヤの重さやデザイン、付属品、複数店舗での査定等、ポイントは多数ありますが、その中でも特に注意しないといけない点がダイヤネックレスにはあります。

金属部分の状態

一つ目は金属部分の状態です。ネックレスはリングに比べて劣化が早く、ちぎれやすいので、劣化が確認できた場合は買取金額が安くなってしまいます。

ダイヤの状態

二つ目はダイヤの状態。傷がつくと買取価格が下がってしまうのは当然ですが、さらに気をつけたいのが、劣化具合です。ダイヤに劣化?と思われる方もいるかもしれませんが、ダイヤは油分を吸着する性質があるため、使い続けると透明度がくすんでしまいます。中性洗剤に漬け置きする等、日ごろのお手入れをしていくことをおすすめします。

ダイヤモンドネックレスの買取事例集

売った人の視点で買取事例を調査してまとめました。ダイヤモンドネックレスの買取をしてもらう際の参考にしてみてください。

Pt850ダイヤモンドネックレスの買取事例

ダイヤモンドネックレスの買取事例

引用元:パンサラッサ
(https://www.177500.com/example/diamond/#10)

買取価格:312,100円
ジャンル:ダイヤモンドのネックレス
ダイヤモンド:1.197カラット/F/SI1/VG
品位:Pt850

ネックレス部分に使用感があったもののダイヤモンドには、傷はありませんでした。状態の良さが評価され、30万円を超える買取価格がついています。

【売った人のコメント】
プラチナ製のダイヤモンドネックレスを郵送で買取依頼しました。初めての買取だったので不安でしたが、親切な電話対応で話を聞いてくれて分かりやすく答えてくれたのが良かったです。相談から査定の結果まで、丁寧に対応してくれたので納得できました。スムーズに取引ができました。

Pt850/900ダイヤモンドネックレスの買取事例

ダイヤモンドネックレスの買取事例

引用元:パンサラッサ
(https://www.177500.com/example/diamond/#7)

買取価格:160,500円
ジャンル:ダイヤモンドのネックレス
ダイヤモンド:0.509カラット/D/VS1/VG
品位:Pt850/900

ネックレスの留金部分が破損していましたが、金属の部分は計量して買取になるため、買取価格には影響がなかったとのこと。しかし、2006年に改定されたカット基準を参考にすると、鑑定書のランクより1つ下がってしまい、160,500円という価格に。

【売った人のコメント】
はじめに電話で見積りをとり、大体の金額を把握してから鑑定してもらいました。電話の見積りでは10万円前後でしたが、ネックレス部分ががっしりしており重量があったため、査定額がアップしたとのこと。最終的に16万円で買取をしてもらいました。しかし、ダイヤモンドは現在のカット基準に照らし合わせると、ワンランクダウンしてしまったようです。

K18ダイヤモンドネックレスの買取事例

ダイヤモンドネックレスの買取事例

引用元:パンサラッサ
(https://www.177500.com/example/diamond/#1)

買取価格:191,500円
ジャンル:ダイヤモンドのネックレス
ダイヤモンド:1.09カラット
品位:K18

経年劣化による若干の表面の変色はあるようですが、買取額に影響はなかったとのこと。ダイヤモンドに傷もなく、状態が良かったことから、20万円近い価格がつきました。

【売った人のコメント】
18金のネックレストップにダイヤがあしらわれています。購入時は80万程、売却時は20万を切りました。現在では購入時より価値があると思っていただけに期待外れでした。購入時はブランドやデザインが大きく影響しますが、ダイヤモンドネックレスを買取をしてもらう際は素材の質が優先されます。もし買取をしてもらう可能性があるならできるだけ質の良いものを選ぶ必要がありますね。

K18ダイヤモンドネックレスの買取事例

ダイヤモンドネックレスの買取事例

引用元:ドリーム
(https://www.jbdream.jp/assessment/1417/)

買取価格:200,000円
ジャンル:ダイヤモンドのネックレス
ダイヤモンド:2.12カラット
品位:K18

2.12カラットのダイヤモンドをあしらった、シンプルながら存在感のあるネックレス。内包物が大きく、クラリティの評価は低めですが、2カラット超えという大きさが評価され、20万円という高額査定になりました。こちらは宅配買取だったそうですが、適切な査定が行われています。

K18YGダイヤモンドネックレスの買取事例

ダイヤモンドネックレスの買取事例

引用元:ブランディア
(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35031021)

買取価格:57,000円
ジャンル:ダイヤモンドのネックレス
ダイヤモンド:約0.2カラット
品位:K18YG

ティファニーのバイザヤードシリーズのネックレスです。イエローゴールドのチェーンに、0.2カラットのダイヤモンドをあしらっています。コンディションはやや使用感がありましたが、箱や保存袋などの付属品が残っていたことがプラスになり、買取金額は57,000円になりました。

ダイヤモンドネックレスの
買取事例をもっと見る

ダイヤモンドネックレスを高く買い取ってもらうコツ

宝石専門の買取店で査定・買取してもらう

ダイヤモンドネックレスを高く買い取ってもらうなら、宝石専門の買取店に査定を依頼しましょう。

なぜなら、宝石専門の買取店には宝石に関する知識や買取の経験が豊富なスタッフが在籍しており、メレダイヤなどの小さなダイヤモンドの価値もしっかりと見極めて査定してくれるからです。ダイヤモンドの知識や買取経験の少ない業者の場合、メレダイヤの価値を見極められず、本当ならもっと高く売れるはずなのに安く買い叩かれてしまうこともあります。

ネックレスは小さなダイヤモンドがあしらわれているデザインも多いため、ダイヤモンドの買取に強い宝石専門店で査定してもらうのが高額買取への一番の近道です。

鑑定書・保証書を用意しておく

ダイヤモンドの鑑定に自信のない買取店だと、低めの査定額を提示される可能性があります。そのため、ダイヤモンドの種類や価値を証明してくれる鑑定書・保証書が手元にある場合、ネックレスと一緒に査定に持ち込むようにしましょう。鑑定書・保証書が査定の基準となるため、適切な買取額を提示してもらいやすくなります。

鑑定書・保証書が手元にない場合は、宝石鑑定士の国際資格を持ったスタッフが在籍する買取店を選ぶようにしましょう。鑑定書・保証書がなくてもダイヤモンドの価値をしっかりと見極めてくれるので、安く買い叩かれる心配は基本的にありません。

査定に出す前にお手入れしておく

ダイヤモンドに汚れがあるとせっかくの輝きを損ねてしまうため、少しでも高く買い取ってもらうなら、査定に出す前にお手入れをして印象を良くすることも大切です。

ほとんど汚れがない状態であれば、柔らかい布で優しく乾拭きするだけでも十分です。汚れが少し目立つときは中性洗剤をぬるま湯で薄め、柔らかいブラシで優しく洗いましょう。ただし、汚れが落ちないからといって、強くこすり過ぎるのはNG。ダイヤモンドに傷がついたり、石が外れてしまったりする可能性があるので注意が必要です。

また、今すぐ買取に出すわけではない場合でも、ダイヤモンドの輝きを維持するために普段からお手入れをしておくのがおすすめ。普段のお手入れや扱い方が、将来の高額買取につながります。

ダイヤモンドネックレスの扱い方

日頃のお手入れ・ケア

ダイヤモンドは油脂汚れがつきやすい宝石なので、着用後は毎回お手入れするようにしましょう。柔らかい布やジュエリー専用クロスを使用して、汚れを優しく拭き取ります。

汗や皮脂でダイヤモンドが曇っているように感じる場合は、洗面器にぬるま湯と中性洗剤を入れ、ネックレスをつけ置きします。細かい部分に汚れがあれば、柔らかいブラシや筆で優しくこすって落としましょう。ダイヤモンドの裏側にも汚れがないかチェックし、あれば丁寧に磨きます。

ダイヤモンドの汚れが落ちた後は真水でよくすすぎ、柔らかい布で優しく拭き取ってしっかりと乾かします。お手入れやケアをしても汚れや曇りが気になる場合は、クリーニングに出すのもおすすめです。

保管方法

ダイヤモンドネックレスを保管する際は、専用のケースに入れて保管するようにしましょう。また、ダイヤモンドに傷がついたり、チェーンが絡まったりしないように、単体で保管することが大切です。

ダイヤモンドは地球上で最も硬い天然物質として知られていますが、意外にも衝撃に弱く、割れやすい性質を持っています。そのため、保管方法にも注意が必要で、ほかのネックレスと一緒にせず、単体で保管するようにしてください。また、金属が空気に触れて変色しないように、密閉できるジッパー袋に単体で保管する方法もおすすめです。

入浴時の扱い方

石鹸カスが枠の溝に溜まってしまうと、傷の原因になるので入浴時はネックレスを外すようにしましょう。特に旅行先などで温泉に入る際は、泉質によってネックレスが変色したり変質したりする場合があるため、注意が必要です。素材がK18であっても、入浴時は外しておくのが無難です。また、ネックレスを外しておくことで、チェーンが切れてしまうということも防げます。

スポーツをする際の扱い方

ネックレスを着けたまま運動すると、汗で金属が溶けてイオン化しやすくなります。それが原因で金属アレルギーになってしまうこともあるので、運動する際はなるべく外しておくのが良いでしょう。

また、海やプールに入る際も、砂で地金に傷がついたり、純度の低い14金や10金だと錆びたり変色したりする可能性があります。ダイヤモンドネックレスを着けたまま海やプールに入ってしまった場合は、真水でよく洗い流してください。

ダイヤモンドネックレスの買取のまとめ

買取査定の傾向として、ダイヤモンドの部分は「大きさと傷」、ネックレス部分は「重量」が査定額に大きな影響を与えています。

「ダイヤモンドに傷がないので価値は落ちない」「ネックレス部分に傷があるが重さで価値が決まる」が買取結果の大半を占めていました。その反対にダイヤモンドに傷があったりすると買取価格が下がってしまうということ。ネックレス部分の重量については購入時から変わりませんが、ダイヤモンドは硬度が高くキズに強いという性質があります。しかし一定方向からの衝撃には弱いため割れてしまうこともあります。

特にネックレスは、指輪などと比べて身に着けている際に大きく揺れるため割れてしまうことも・・・。買取を検討している場合はダイヤモンドに傷がないうちに依頼するのが得策だといえるでしょう。サイト内ではダイヤモンドネックレスを買取してもらった体験談についても紹介しているので参考にしてみてください。

関連ページ

宝石買取ハンドブック

ダイヤモンドジュエリーの買取事例
K.uno(ケイウノ)のダイヤモンド買取事例
ダイヤモンドイヤリングの買取事例集
ミキモトのダイヤモンド買取事例