宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンドジュエリーの買取事例 » エルメスのダイヤモンド買取事例

エルメスのダイヤモンド買取事例

公開日: |更新日:

エルメスは、1837年にフランス・パリで誕生したブランド。もともと馬具メーカーだったことは有名ですが、のち馬具の需要衰退にともない、バッグや小物、ジュエリー、スカーフなどを取り扱う総合ブランドへと変化していきました。ここでは、エルメスのダイヤモンドの買取事例、エルメスのダイヤモンドの特徴などをご紹介します。

エルメスのダイヤモンド買取事例

HERMES(エルメス) ミニシェーヌダンクル

画像URL:https://image5.brandear.jp/image1/0/35424603_1.jpg -->

K18ピンクゴールド素材に、片側1粒ずつ、合計約0.05ctのダイヤモンドをセッティングしたピアス。エルメスらしい気品と上品さが表現されている上質なアクセサリーです。全長は約3.2cm、幅は約1.3cm、総重量は4.8g。箱などの付属品は残っていなかったものの、コンディションレベルが「きれいめ」と評価されたことを加味し、120,000円の高価買取価格となりました。査定日は2021年8月27日です。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35424603)

HERMES(エルメス) アミュレット バーキンPM

K18ホワイトゴールド素材に計0.22ctのダイヤモンドをたくさんっセッティングしたネックレス。バッグをモチーフにしたトップデザインで人気のコレクションです。トップの大きさは約1.6cm×1.2cm、チェーンの長さは約38~40.5cm、総重量は10.9g。コンディションレベルが「使用感あり」と評価されながらも、ケースや保証書などの付属品が残っていたことも加味され、350,000円の買取価格となりました。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35003627)

HERMES(エルメス) ヘラクレスダイヤリング K18WG

K18ホワイトゴールド素材にメレダイヤを数粒あしらったリング。HERMES(エルメス) のロゴマークの一つとして知られる「H」の字を、メレダイヤが描いています。やや使用感があったためか、買取価格は25,000円とやや低め。買取業者による転売に際しては、ジュエリーの専門店にて新品仕上げが必要なコンディションレベルだったようです。

事例参照元:東京ぶらんど(http://t-brand.jp/case/hermes/101032861.html)

ダイヤモンドを高額買取してくれる東京のショップはココ!
\ 実際の査定結果も公開中 /

エルメスのダイヤモンドとは?

ブランドの特徴

エルメスは、1837年にフランス・パリで誕生したブランド。馬具工房として創業したという話は、ブランド好きにとって、あまりにも有名ですね。 ブランドの歴史の途中で馬具市場からほぼ撤退したエルメスでしたが、それまでに培った「職人技の伝承」と「移動・旅行のよろこび」というコンセプトは脈々と継承。21世紀になった現代でもなお、特にエルメスの職人技は世界トップ水準との評価を集めています。

かつてはバッグやスカーフなどの小物雑貨アイテム、ファッションアイテムを中心に展開していたエルメスですが、近年ではジュエリー分野への商品展開にも積極的な姿勢です。

ダイヤの特徴

エルメス創業以来のブランドコンセプトでもある「職人技の伝承」。ダイヤモンドジュエリーはもとより、エルメスがリリースする全ての商品において、このコンセプトを裏切られることはありません。ダイヤモンド入りの商品を購入した場合には、きちんと鑑定書が添えられます。

なお、将来的に買取店を利用する可能性がある方は、鑑定書やケース、箱を保管しておくようにしましょう。これら付属品がセットの場合、査定額が高くなる可能性があるからです。また、査定に出す際には、ダイヤモンドやマテリアル部分をしっかりと磨いておくようにしましょう。

エルメスの中古市場での価値

高級ブランドとして有名なエルメスですが、アクセサリーは比較的手の届きやすい価格帯が多く、プレゼント用としても人気があります。自分用やプレゼント用として中古で探す人も多いことから中古市場での需要が高く、高額買取を期待できます。

保存状態が良く、さらに新作モデルや流行のデザインであれば、中古品だとしても定価の4割程度の査定額を期待できるとのこと。そのほかのモデルでも、定価の3割以上と買取相場が安定しているのが特徴です。また、ダイヤモンドやゴールドなどの宝石・貴金属が使用されているアイテムは、高額で買い取ってもらえる傾向にあります。

高額買取が期待できるシリーズは?

エルメスが展開しているジュエリーのなかでも、錨の鎖から着想を得たシェーヌダンクルは男女ともに人気の高いロングセラーシリーズです。そのため、中古市場においても高額買取を期待できます。また、エルメスのバックコレクションで有名な「ケリー」や「バーキン」「コンスタンス」といったシリーズはジュエリーにおいても人気が高く、高い相場で取引されているアイテムです。

そのほか、エルメスを代表するジュエリーの1つ「コリエ・ド・シアン」も、人気の高さから買取価格が安定しています。

エルメスの婚約指輪は高く売れる?

エルメスのウェディングリングは、中古での需要に比べて流通量が多いことから、買取額は低めになる傾向にあるようです。ただ、中古市場でも人気の高いブランドのため、通常のリングに比べたら高額買取を期待できるでしょう。流行に左右されないシンプルなデザインや普段使いに向いているアイテムなら、さらに高く売れる可能性があります。

また、エルメスは有名人にもファンが多いので、有名人が使用することで需要が急増し、買取価格に影響するケースもあるようです。どのような価値が評価されるか分からないため、まずは査定に出してみることをおすすめします。

エルメスを高く買い取ってもらう方法

付属品と一緒に査定に出す

エルメスのアクセサリーはプレゼント用としても人気があるため、箱や包装などの付属品が揃っていると査定金額がアップしやすくなります。今は売却を検討していなくても、将来良い条件で買い取ってもらうために付属品はすべて手元に残しておくと良いでしょう。

複数の買取業者に査定を依頼する

高く買い取ってもらうには、複数の買取業者に査定を依頼して査定金額が1番高いところを選ぶのが賢い方法です。査定に出す買取業者の候補を選ぶ場合は、ブランドやジュエリーとしての価値をしっかり見極めてくれるかも確認しておきましょう。国際的な鑑定士資格を持っている査定士なら、確かな知識や経験に基づく評価を期待できます。

また、エルメスの買取実績が豊富かどうかも、ブランド価値をしっかりと評価してくれる買取店かどうかの判断材料になります。そのほかにも複数の買取業者に依頼する場合は、査定料や返却料などの手数料が発生しないかどうかもチェックしておきましょう。

なるべくきれいな状態で持ち込む

アクセサリーの保存状態も査定に影響するポイントの1つのため、査定に出す前にお手入れをしてきれいな状態で持ち込むようにしましょう。また、傷がつかないように日頃から専用の保管袋やボックスに入れておくことも大切です。使用後も柔らかな布などで汗や汚れなどを丁寧にふき取ってお手入れしておくと、良い保存状態を維持しやすく、査定で有利になる可能性があります。

関連ページ

宝石買取ハンドブック

ダイヤモンドジュエリーの買取事例
ミキモトのダイヤモンド買取事例
ロイヤルアッシャーのダイヤモンド買取事例
セイレーン アズーロのダイヤモンド買取事例