宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンドジュエリーの買取事例 » セイレーン アズーロのダイヤモンド買取事例

セイレーン アズーロのダイヤモンド買取事例

公開日: |更新日:

セイレーン アズーロは、神戸で誕生したジュエリーブランド。ファッション系やブライダル系を問わず、幅広いジャンルのジュエリーを展開している新進気鋭のブランドです。その都会的で洗練されたデザイン性が、多くの女性たちから人気を集めています。ここでは、セイレーン アズーロのダイヤモンド買取事例、セイレーン アズーロのダイヤモンドの特徴などをご紹介します。

セイレーン アズーロのダイヤモンド買取事例

セイレーン アズーロ リング

K10イエローゴールド素材のストレートリングに、ホワイトダイヤモンドとアイスブルーダイヤモンドを各1Pずつセッティングしたリング。星形デザインがホワイトダイヤモンドを囲み、月形デザインがアイスブルーダイヤモンドを囲みます。リング幅は約0.1~0.3cm、サイズは約5号です。コンディションレベルは「使用感あり」で、付属品は残っていませんでした。買取価格は不明です。2021年8月20日に査定された商品です。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35415776)

セイレーン アズーロ リング

K18ピンクゴールドの素材に、計5.1ctのダイヤモンドがセッティングされたリング。リングの半周ほどをだメレダイヤがパヴェ状に散らされた、とても華やかなデザインのリングです。リング幅は約0.4cmと太めで、重量は3.5g、サイズは11号です。コンディションレベルが「美品」と評価されたため、買取価格は22,000円となりました。2021年2月17日に兵庫県で買取された事例です。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/34751442)

セイレーン アズーロ ネックレス

K18ホワイトゴールドを素材に、計0.21ctのダイヤモンドがセッティングされたネックレス。Mの文字をなぞるようにあしらわれた沢山のダイヤモンドが、華やかに、そしてオシャレに女性を飾ります。トップの大きさは約1.5cm×2.3cm、チェーンの長さは約39~42cm、総重量は4.1gです。コンディションレベルは「使用感あり」ですが、付属品としてケースが残っていたことが査定のプラス要素となり17,000円で買取成立。査定日は2021年1月28日。買取場所は兵庫県でした。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/34691846)

ダイヤモンドを高額買取してくれる東京のショップはココ!
\ 実際の査定結果も公開中 /

セイレーン アズーロのダイヤモンドとは?

ブランドの特徴

神戸生まれのブランド、セイレーン アズーロ。結婚指輪・婚約指輪などのブライダルリングを中心に、華やかでゴージャスなファッションジュエリーも多く取り扱っているブランドです。

セイレーン アズーロとは、イタリア語で「青い人魚」という意味。ブランドのジュエリーを身に付ける人へ、都会を泳ぐ自信に満ちた女性であってほしいという願いを込めて、このブランド名を付けたそうです。

ダイヤの特徴

クオリティの高いダイヤモンドのみを取り扱っているセイレーン アズーロですが、中でも特に注目したいのが、ガブリエル・トルコフスキー氏の手によるアストラリスダイヤモンドも導入している点です。

ガブリエル・トルコフスキー氏は、ダイヤモンドカッターの名門、トルコフスキー一族の第6代目。トルコフスキー一族とは、エクセルコダイヤモンドの創業やラウンドブリリアントカットの発明にも深く関与した、世界的に知られる名門ダイヤモンドカッターです。

なお、ガブリエル氏が手掛けたダイヤモンドを採用している国内ブランドは、他に多くはありません。

関連ページ

宝石買取ハンドブック

ダイヤモンドジュエリーの買取事例
GINZATANAKA (ギンザタナカ)のダイヤモンド買取事例
Chaumetのダイヤモンド買取事例
ダイヤモンドネックレスの買取事例