宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンドジュエリーの買取事例 » スタージュエリーのダイヤモンド買取事例

スタージュエリーのダイヤモンド買取事例

公開日: |更新日:

スタージュエリーは、1946年に横浜・元町で誕生したブランド。質の高いファッションジュエリーを中心に、結婚指輪や婚約指輪など、ブライダルリングの展開にも積極的なブランドです。日本で初めてピアスを取り扱ったことでも有名ですね。ここでは、スタージュエリーのダイヤモンド買取事例、スタージュエリーのダイヤモンドの特徴などをご紹介しています。

スタージュエリーのダイヤモンド買取事例

STAR JEWELRY(スタージュエリー) リング

K10イエローゴールド素材に0.01ctの1粒ダイヤモンドをセッティングしたファッションリング。ダイヤモンドを収めたセンターの形状は、スタージュエリーのモチーフデザインでもある星形です。リング幅は約0.3cmで、サイズは11号。コンディションレベルは「使用感あり」で、付属品は特に残っていません。残念ながら、買取価格の記載はありませんでした。査定日は2021年8月19日。大阪での買取事例となります。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35417965)

STAR JEWELRY(スタージュエリー) ネックレス

マテリアルはシルバーで、トップには赤いラインストーン(模造宝石)がセッティングされています。シルバー特有の黒みがかった輝きとラインストーンの深い色合い、そしてトップのハート型デザインが絶妙にマッチングした作品です。トップの大きさは0.9cm×0.6cm、チェーンの長さは約39cm。コンディションレベルは「使用感あり」で、付属品は特にありません。買取価格の記載は見つかりませんでした。2021年7月31日、神奈川県で査定されたネックレスです。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/35375125)

STAR JEWELRY(スタージュエリー) LIQUID PEARL EAR CUFF

シルバー素材にパールを2粒ほど取り付けたイヤリング。一般的なパールではなく、あえてバロックパール(丸ではなくデコボコした形の真珠)を用いたところが、すあージュエリーならではのセンスです。サイズは約2.9cm×1.4cm。コンディションレベルは「きれいめ」で、付属品として保存袋とギャランティが残っていました。買取価格の記載はありませんが、相応の価格が付いたものと想定されます。2021年9月24日に査定された商品です。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/34684689)

ダイヤモンドを高額買取してくれる東京のショップはココ!
\ 実際の査定結果も公開中 /

スタージュエリーのダイヤモンドとは?

ブランドの特徴

スタージュエリーは、1946年に横浜で誕生したブランド。当時、横浜に居住していた外国人女性たちから人気を集め、その後、徐々に日本人女性たちにもその名が浸透していったブランドです。

創業当初から変わらないスタージュエリーの最大のこだわりは、クラフトマンシップ。一見、機械で作ったかのようにも見える完璧なジュエリーの数々は、実はすべてが職人の手作りによるもの。全国に50店舗以上を展開する大手ブランドとなった今でも、手作りへのこだわりは継続中です。

ダイヤの特徴

いわゆる「4C」の全てにおいてハイグレードと評価されたダイヤモンドのみを使用していますが、中でも特にスタージュエリーがこだわっている項目が「カット」。カットのクオリティこそが、ダイヤモンドの美しさを左右する非常に大きな要素と、スタージュエリーでは考えています。 スタージュエリーのアクセサリーに使用されているダイヤモンドは、すべて最高峰のカットグレードとなる「トリプルエクセレント」と鑑定されたもんばかり。もちろん、商品には鑑定書が添付されます。

なお、将来的に売却する際には、鑑定書の有無が査定額を変えることがあるので、なくさず大切に保管しましょう。

スタージュエリーの中古市場での価値

スタージュエリーは国産ブランドということもあって為替の影響を受けづらく、市場価値が安定しているのが特徴です。また、国内の流行を熟知しているからこそのデザインは贈り物としても需要があり、老舗ブランドとしての知名度も相まって中古市場でも高い人気を誇っています。

高額買取が期待できるシリーズは?

スタージュエリーが展開しているシリーズのなかでも高額買取が期待できるのが、ブランドのアイコンにもなっているスターモチーフやハートモチーフを取り入れた「ミステリアスハート」と「クロッシングスター」です。

ハートモチーフのミステリアスハートは可愛らしいデザインに注目されがちですが、石を支える爪が表面からは見えないように工夫されたスタージュエリーの職人技が光る逸品でもあり。スタージュエリーが大切にしている手作りへのこだわりが感じられ、特に人気の高いコレクションの1つです。

クロッシングスターはスタージュエリーの象徴となる星やクロスを組み合わせたオリジナルモチーフが特徴で、マリッジリングをはじめ、ネックレスやピアス、ブレスレットなど幅広いアイテムを展開。ミステリアスハートに続く人気シリーズのため、高額買取を期待できるでしょう。

スタージュエリーの婚約指輪は高く売れる?

スタージュエリーはダイヤモンドを使用したジュエリーにも定評があり、普段使いのアイテムはもちろん、婚約指輪や結婚指輪としても人気の高いブランドです。老舗ブランドとしての認知度と需要の高さから、中古の婚約指輪だとしても高額買取を期待できるでしょう。海外ブランドと違って為替の影響を受けにくいため、安定した買取価格を期待できるのも嬉しいポイントです。

スタージュエリーを高く買い取ってもらう方法

付属品を揃えて査定に出す

購入時に付いてくる箱や保存袋、ギャランティカード、鑑定書、販売証明書などの付属品をなるべく揃えて持ち込みましょう。スタージュエリーのような贈り物として需要のあるブランドは箱や保存袋などの付属品が揃っていたほうが買い手が見つかりやすいため、査定額にプラスしてもらえる可能性があります。また、鑑定書があることで、宝石の価値をしっかりと査定に反映できるのもポイントです。

持ち込む前に簡単にお手入れをする

宝石の買取では商品の状態が買取価格に影響するため、簡単にお手入れをしておくと査定時の印象が良くなります。お手入れ方法としてはやわらかい布で、汗や皮脂などの汚れをふき取りましょう。今すぐに買取に出すわけではない場合でも、普段からお手入れをしておくと劣化を防いで良い状態を保ちやすくなります。

また、保管する際も、宝石に傷がつかないように専用の保管箱や袋で1つずつ保管するようにしましょう。

需要のあるうちに売る

高額買取を目指すのであれば、需要が高いうちに手放すことが大切です。ジュエリーのカッティングやデザインなどには流行があり、需要の高いときに手放したほうが高額で買取ってもらいやすくなります。中古のブランド品は販売から時間が経つほど市場での評価額が下がることがほとんどのため、売ろうかなと思ったときが売り時だと言えるでしょう。

関連ページ

宝石買取ハンドブック

ダイヤモンドジュエリーの買取事例
グッチのダイヤモンド買取事例
GINZATANAKA (ギンザタナカ)のダイヤモンド買取事例
アーカーのダイヤモンド買取事例