宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンド買取の基礎知識

ダイヤモンド買取の基礎知識

公開日:|更新日:

ダイヤモンドを高額買い取ってもらいたいときに役立つ情報をまとめています。ダイヤモンドにかんするさまざまな基礎知識を集めてみましたので、ぜひ参考にしてください。

買取可能なダイヤモンド

古いダイヤモンドや傷がついたダイヤモンドなど、「こんなダイヤモンドでも買い取ってもらえる?」と疑問・不安に感じている方もいるでしょう。次のページでは買取可能なダイヤモンド・買取できないダイヤモンドをまとめました。

ダイヤモンドのカットの種類

ダイヤモンドのカットは、ダイヤモンドの質を評価する「4C」のうちの1項目です。一般的にダイヤモンドと聞いて思い浮かべるのが「ラウンドブリリアントカット」。そのほか楕円型のオーバル、長方形のエメラルドなどさまざまな種類があります。

ダイヤモンドの特性

石の輝きや美しさは、鉱物としての特性を知り、適切な処理を行うことで維持できます。つまり、ダイヤモンドの特性を把握しておけば、より適切なお手入れ方法や利用上の注意点が理解できるようになります。次のページではダイヤモンドの特性(硬度・親油性・熱伝導性・蛍光性)について解説しています。

ここでは、について解説しています。

ダイヤモンドのカラットの調べ方

ダイヤモンドの「カラット(ct)」はサイズではなく重量をあらわす単位で、1カラット=0.2gグラムと定義されています。カラットの語源は、かつて地中海やインドなどで採れた「いなご豆」だと言われています。次のページではカラットを計算する方法や、カラットの表示方法などについて解説しています。

鑑定書の見方と鑑別書との違い

鑑定書はダイヤモンドの質を評価する4Cについて記載されたもので、「ダイヤモンド・グレーディング・レポート」とも呼ばれます。一方で鑑別書は石の真贋が記載されたもので、そのダイヤモンドが本物かどうかを確認できます。

鑑定書は専門用語が多く使われており、よく分からない…という方も多いでしょう。次のページでは実際の鑑定書を例に、鑑定書の見方・ポイントを説明しています。

代表的なダイヤモンド鑑定機関は?

世界にはさまざまなダイヤモンドの鑑定機関・鑑別会社が存在しています。次のページでは信頼度の高い鑑定機関や鑑別会社をまとめてみました。自身が持っているダイヤモンドの鑑定書が、こちらで紹介している鑑定機関や鑑別会社のものであれば、査定時に有利に働くでしょう。

ダイヤモンドの鑑定機器

ダイヤモンドの査定では、人の目による鑑定だけでなく、専用の鑑定機器を用いた鑑定も行うケースがほとんどです。次のページではダイヤモンドの鑑定に使われる代表的な機器を紹介します。

日本のダイヤ流通量と流通ルート

日本ではダイヤモンドはほとんど産出されません。しかし、ダイヤモンドの所持率は世界有数と言われています。日本国内におけるダイヤの流通量や流通事情、流通ルートなどについてまとめました。

ココ山岡のダイヤモンド

強引な商法により、90年代に世間を大きく騒がせたココ山岡。一般的な基準に比べるとかなり甘い独自の品質評価基準でダイヤモンドを鑑定し、高額で販売していたことで話題になりました。そんなココ山岡のダイヤモンドは買い取ってもらえるのでしょうか。

ダイヤモンドはなぜ高い

理由はよく知らないものの、「ダイヤモンドは他の宝石よりも価値が高くて良いものだ」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

次のページではダイヤモンドという宝石がなぜ高いのか、どうしてこんなに人気なのかを考察してみました。

そのほかダイヤモンド買取にかんする基礎知識集

まとめ

ダイヤモンドを高く買い取ってもらうために知っておきたい基礎知識を紹介しました。また、当サイトでは高額買取が期待できるダイヤモンドの買取業者も紹介しています。実際に査定してもらった結果も公開しているので、ぜひチェックしてみてください。

ダイヤモンドを高額買取してくれるショップはココ!
\ 実際の査定結果も公開中 /

関連記事一覧