宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンド買取の基礎知識 » 鑑定機関・鑑別会社ごとの信頼度は?

鑑定機関・鑑別会社ごとの信頼度は?

公開日: |更新日:

ダイヤモンドの価値は4C(カラー・クラリティ―・カラット・カット)やインクルージョン(内包物)など、専門的な鑑定を受けないとわかりません。買取をしてもらう際には、信頼できる鑑定機関が発行した鑑定書があれば、正確で高額な査定をしてもらえます。

ここでは、国内外の代表的な鑑定機関を紹介し、それぞれの特徴を紹介します。

代表的なダイヤモンド鑑定機関

日本国内の鑑定機関は、宝石鑑別団体協議会(AGL)によって統括されています。AGLは国内の鑑定基準を統一させるために、昭和56年に設立した一般社団法人で、加盟する鑑定機関では、カラーグレードの判断に共通のマスターストーンを使用したり、カットの評価に自動計測器を使用したりと、正確な鑑定をするための取り組みを行っています。

海外の宝石鑑定機関なら、GIA(Gemological Institute of America)とHRD(Hoge Raad voor Diamant)が有名です。

アメリカにあるGIAは、ダイヤモンド取引の絶対的な指標である4Cを考案した、世界で最も権威のある鑑定機関です。AGLの評価基準もGIAのものを基に作成されています。ベルギーに拠点があるHRDは、ヨーロッパで高い信頼度を誇る鑑定機関です。

国際的に評価されるGIAやHRDの鑑定書は非常に信頼度が高いのですが、海外の機関ゆえに鑑定までのプロセスが面倒です。国内の業者に買い取ってもらうなら、AGL認定の鑑定会社に作成してもらえば問題ありません。

そんなAGL加盟の鑑定機関の中でも、AGTジェムラボラトリー(GIA JAPAN)と中央宝石研究所(中宝研、CGL)は、特に信頼度が高い、代表的な鑑定機関と言われています。

AGTジェムラボラトリー(GIA JAPAN)

GIAと提携している日本の機関で、GIA JAPANのラボ部門でもあります。もともとは、昭和46年に創立した日本宝石鑑別協会から、昭和53年に分離した子会社がAGTジェムラボラトリーです。昭和59年からGIAとの提携を始めています。

鑑定だけでなく、世界的に有名なグレーダー(鑑定士)資格である「GIA G.G.(宝石学修了者)」の認定や、宝石学の教育・普及を行う等、ダイヤモンド業界の発展にも注力しています。

そうした企業理念から、最も中立で厳正な評価をしてくれる鑑定機関と言われており、買取業者や宝石市場からも高い信頼を得ています。

また、新しい判定機器を導入したAGTジェムラボラトリーは、カラーダイヤモンドの色識別でも高い精度を誇っています。微妙な色合いのダイヤを査定するなら、AGTの鑑定書は必須と言われています。

中央宝石研究所(中宝研、CGL)

昭和45年に創業した日本の鑑定機関で、ダイヤモンド鑑定の高いシェアを誇っています。鑑定書の発行数が多いので、中央宝石研究所のグレーディングは国内ダイヤモンド市場の指標にもなっています。

また、創業者の並木正男氏は宝石鑑別団体協議会(AGL)の初代会長も務めており、まさに日本の宝石業界で中心を担う企業と言えます。

もちろん歴史や会社規模だけでなく、その鑑定力も高い評価を得ています。平成4年に、世界有数の鑑定機関であるベルギーのHRDと提携をスタートしており、今では国際的なダイヤモンド市場でもGIA・HRDと並ぶ信頼度を獲得しています。

さらに、ハートアンドキューピット(H&C)の鑑定をサブレポートとして取り入れたり、ダイヤモンドスパークレポートの開発も行うなど、先駆者的な鑑定機関でもあります。

※ハートアンドキューピット(H&C)
内放物がハートの形に見えるカットのダイヤモンドで、結婚指輪などに使われる。日本国内では人気だが、海外ではあまり浸透していない。

※ダイヤモンドスパークレポート
ダイヤモンドに光を当て、反射パターンを測定したレポート。カットや構造の均質性を計ることができる。

世界を代表する7大宝石ラボラトリーで組織されたLMHC(ラボ・マニュアル調整委員会)に日本から参加するなど、ダイヤモンド業界で確固たる評価と信頼を獲得しています。

無加盟の鑑別会社に注意

日本国内の鑑定機関を統括するAGLですが、公的な団体ではなくあくまで業界内の自主管理団体なので、AGLに加盟していない鑑定機関もあります。また、鑑定士自体も国家資格ではないので、知識や公平性を持たない自称鑑定士も大勢います。

つまり、ダイヤモンドの鑑定書は誰でも作成することができ、買い取る店側の言いなりに値段を付ける、悪質な鑑定機関・鑑定士も存在するのです。

鑑定機関の信頼度を見極めるには、やはりAGLに加盟しているかどうかがポイントになります。中でも、AGTジェムラボラトリーと中央宝石研究所は信用できる機関ですし、これらの認定を受けた鑑定士が所属する買取業者なら、正確な鑑定をしてくれると思います。

関連ページ

宝石買取ハンドブック

ダイヤモンド買取の基礎知識
ダイヤモンドのカラットの調べ方
ココ山岡のダイヤモンド
ダイヤモンドの鑑定機器