宝石買取ハンドブック » 宝石高価買取のための鉄則集 » 高額査定を出す方法

高額査定を出す方法

公開日: |更新日:

宝石を高額査定してもらうための方法や知識、査定を出すために大事なポイントなどをまとめました。

納得!宝石を高額査定するための方法

宝石の査定額は業者によってさまざま。せっかく大切な宝石やジュエリーを売りに出すのだから、できる限り高値で買い取ってほしいですよね。買取業者から提示された価格が納得できなかった場合、どんな手段をとれば高額査定を出してもらえるのでしょうか?ここでは高額査定してもらうために必要な知識や業者選びの方法をまとめています。

宝石を売りたいと考えている方や査定業者選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

知っている?○○ジャンケン査定!?

買取査定の業界には「後出しジャンケン査定」と呼ばれる査定方法があります。複数のお店で査定してもらい買取価格を比較する際、買い取る側のお店に直前のお店の査定額を聞かれ、それにほんの少し上乗せした額を提示されるというものです。

例えば、ある買取店にルビーを10万円で買い取る用意があったとしても、直前に同じ宝石を査定した別の買取店がお客さんに6万円を提示していれば、それに1万円だけ上乗せした7万円の査定を出すということ。いきなり「10万円で買い取ります」とは言ってくれないのです。

後出しジャンケン査定は多くの場合買い手側が使う方法ですが、宝石を売りに出すお客さん側がうまくこの方法を利用し、複数の査定店を回ることで価格を徐々に吊りあげていくということも、まれに行われています。高く売りたいお客さんと安く買いたい業者のせめぎ合いがあるのですね。

お店によって異なる買取価格

そもそも、宝石の買取価格はお店によって大きく異なります。特にパールやルビー、サファイヤなどは公式の査定基準がないので、価格を決めるのは鑑定士の主観。あるお店では高く評価してもらえた宝石が別のお店ではタダ同然の値をつけられてしまうことも。また、色宝石の場合はその色が流行色であれば高く、そうでなければ安く買い叩かれてしまう傾向があります。

どうすれば高く売れる?

お店による買い取り価格の差が大きい宝石を高く売るにはどうすればいいのでしょう?高額査定してもらうには、複数の買い取り業者に査定を依頼し比較・検討するのが重要です。その際に注意すべきポイントは次の2つ。

多くの買取店ではお客さんが複数の店舗をまわり、価格を比較することを予め予想しています。一件目の査定で売却を決意するお客さんはほとんどいないため、買取店側もまずは様子見の査定額を提示。何軒か回って戻って来たお客さんから他の買取店で提示された金額を聞いたうえで改めて査定額を決めるのです。買取店に「何件目の査定依頼店であるか」や「他社での査定額」を伝えれば、様子見の価格ではなく前のお店の査定額を基準に本気の査定額をすぐに伝えてもらえます。また、他社と査定額を競争させることで高値での買取も期待できるのです。

後出しジャンケン査定や複数業者の査定額を比較する方法を使えば、高額で買い取ってもらうことが可能。この方法のデメリットとしては、業者を何軒も回らなければいけないので大変な手間と労力がかかることがあげられます。

高額査定を出すために大事なポイント

宝石を高く買い取ってもらう一番手軽で効率的な方法は、「信頼できる業者を見つける」ことです。

品物を売るたびに複数の業者を回って査定額を比較したり後出しジャンケン査定で値を吊り上げたりするのは大変。後出しジャンケン査定を実際に行なっている売り主がほとんどいないのは、かかる労力が大き過ぎて、多少高く買い取ってもらったくらいでは割に合わないというのが理由の一つです。

初めての査定では複数の買取業者を比較・検討するべきですが、その際に「どの業者が高い価格をつけてくれるか」だけでなく、「どの業者が一番信頼できる査定をしてくれるか」をしっかり見極めましょう。見極めの基準としては、「査定の内訳や理由をわかりやすく説明してくれる」「『1~5万円くらいです』などの幅を持たせた価格提示をしない」などです。

「長く付き合っていける信頼の厚い買い取り業者を見つけて、査定を依頼するときはそこにお任せする」というのが高額査定してもらうためのおすすめの方法だといえます。

関連ページ

宝石買取ハンドブック

宝石高価買取のための鉄則集
宝石の種類によって価値は変わる
宝石を売るタイミング
ノーブランドの宝石買取