宝石買取ハンドブック » サファイアの買取相場
実際の査定額で比較!
ダイヤモンドの高額買取業者TOP3

1位 ドリーム

\ 査定額平均:13万6,025円 /

店舗:港区新橋/宅配買取あり(全国)

2位 おたからや

\ 査定額平均:12万3,750円 /

店舗:台東区上野/宅配買取なし

3位 リファスタ

\ 査定額平均:10万2,923円 /

店舗:豊島区東池袋/宅配買取あり(全国)

※査定額平均について:東京に店舗があり、公式HPにダイヤモンドの見積もりシミュレーターを掲載している5店舗(ドリーム・なんぼや・おたからや・大黒屋・リファスタ)を回り、8つのジュエリーを実際に査定依頼。その査定額の平均から算出しております(2021年4月時点)。査定の詳細はこちらをご確認ください。
また、宝石の価格は日によって変動しますので、参考程度にお考えください。

サファイアの買取相場

投稿日:|最終更新日:

お手持ちのサファイアの買取相場を把握するために、知っておきたい情報をまとめました。

サファイアの査定について

深みのある青色が美しい天然石・サファイア。9月の誕生石として知っている人も多いのではないでしょうか?サファイアと聞くとブルーサファイアを想像する人がほとんどだと思いますが、実はカラーバリエーションが豊富な宝石なのです。

このページでは、サファイアの特徴・鑑定の際にチェックされるポイント・買取価格の目安・市場相場などについてまとめています。お手持ちのサファイアにどのぐらいの価値があるのかを知る目安にしてみてくださいね。

サファイアの買取相場

サファイアの買取相場の目安をまとめました。ただし、サファイアの価格は市場の傾向に合わせて変動します。また、ジュエリーとしてのデザイン性やサファイアの産地、そのほか使われている貴金属・宝石類によって価格に差が出ます。下記の相場はあくまで目安として考えてくださいね。

参考ページ:福岡宝石市場 公式買取サイト(https://www.feelsogood.jp/colorstone_price/sapphire.html)

Sランクのサファイアの買取相場

Sランク=色が濃い、内包物がない、透明度が非常に高い

カラット 買取価格(目安)
1.0カラット 15,000円~40,000円
2.0カラット 45,000円~120,000円
3.0カラット 75,000円~200,000円
5.0カラット 300,000円~800,000円
10.0カラット 750,000円~2,000,000円

Aランクのサファイアの買取相場

Aランク=色がやや濃い、わずかな内包物しかない、透明度が高い

カラット 買取価格(目安)
1.0カラット 7,500円~20,000円
2.0カラット 30,000円~80,000円
3.0カラット 45,000円~120,000円
5.0カラット 150,000円~400,000円
10.0カラット 450,000円~1,200,000円

Bランクのサファイアの買取相場

Bランク=色の濃さが平均的、インクルージョンが見られる、わずかに濁っている

カラット 買取価格(目安)
1.0カラット 4,500円~12,000円
2.0カラット 15,000円~40,000円
3.0カラット 30,000円~80,000円
5.0カラット 75,000円~200,000円
10.0カラット 225,000円~600,000円

Cランクのサファイアの買取相場

Cランク=色が薄い、インクルージョンが目立つ位置にある、透明度がない

カラット 買取価格(目安)
1.0カラット 1,500円~4,000円
2.0カラット 4,500円~12,000円
3.0カラット 7,500円~20,000円
5.0カラット 15,000円~40,000円
10.0カラット 45,000円~120,000円

Dランクのサファイアの買取相場

Dランク=色がかなり薄い、インクルージョンが目立つ位置にある、かなり濁っている

カラット 買取価格(目安)
1.0カラット 150円~400円
2.0カラット 750円~2,000円
3.0カラット 750円~2,000円
5.0カラット 1,500円~4,000円
10.0カラット 4,500円~12,000円

サファイアの買取事例

サファイア・ダイヤモンドリング

サファイアの買取事例
引用元:ドリーム公式サイト
(https://www.jbdream.jp/assessment/967/)

2ctを超える大ぶりなサファイアをあしらった、意匠性の高いリングです。センターストーンの周りに配されたダイヤモンドがキラキラと輝き、全体的にゴージャスな雰囲気に仕上がっています。サファイア自体の品質も非常に良く、7万円という高価買取を実現しました。

事例参照元:ドリーム公式サイト(https://www.jbdream.jp/assessment/967/)

スターサファイア・ダイヤモンドリング

サファイアの買取事例
引用元:ドリーム公式サイト
(https://www.jbdream.jp/assessment/965/)

吸い込まれるような青色が魅力的なサファイアリングの買取事例です。20ctupという大きさはもちろん、「スター」と呼ばれる光の筋が見えるのも高品質なサファイアの証でしょう。こちらはダイヤモンドの品質も高く、プラス査定を実施しています。

事例参照元:ドリーム公式サイト(https://www.jbdream.jp/assessment/965/)

8.6カラット サファイアリング

サファイアの買取事例
引用元:ドリーム公式サイト
(https://www.jbdream.jp/assessment/1669/)

澄んだ夜空を思わせる深い青色が特徴的なサファイアリング。周りを囲むダイヤモンドとのコントラストが映えるデザイン。素材にプラチナが使用されているのも高評価のポイントで、総合的な評価で20万円という査定額になっています。

事例参照元:ドリーム公式サイト(https://www.jbdream.jp/assessment/1669/)

サファイアを高額で買い取ってもらう方法

サファイアを高額で買い取ってもらうには、色味・キズの有無・インクルージョンが含まれていないか・透明度などがポイントになります。鑑別書の有無や産地、大きさもランク付けの際に重視されますが、やはり現在の状態が査定に響くと言っても過言ではありません。

非加熱のサファイアは高価買取の可能性が高い

人工的な加熱処理がされているものが多く出回っているサファイア。そのため非加熱のサファイアは希少性が高く、高価で買い取ってくれる可能性があります。非加熱のサファイアは質の高さが特徴で、査定の世界でも100個に1個程度の割合でしか巡り会えないのだそう。お手持ちのサファイアが非加熱加工だった場合は、高額の値段がつけられるかもしれません。

産地別だとカシミール産が高価。また、ミャンマー産で色味が美しいサファイアも貴重です。査定に出す前に、お手持ちのサファイアの加工処理や産地が分かるなら、ぜひ確認してみましょう。

鑑別書・鑑定書があれば一緒に持っていく

鑑別書がある場合は一緒に持ち込みましょう。鑑別書には宝石の種類や施されている加工などが記載されており、宝石の真贋を証明することが可能です。色石の品質評価はプロでも難しいため、査定に出すと必ず「鑑別書はありますか?」と聞かれます。

鑑別書がない場合、業者側が宝石を販売するため新しく鑑別書を取ることがあり、その分の経費を差し引いて見積もりを出す場合があります。すべての鑑別書を一緒に持ち込むと、見積額がほんの少しアップすることも考えられます。すべての業者がそうしているわけではありませんが、鑑別書をつけると査定額が上がる可能性がより高まります。

鑑定士のいる買取店で査定に出す

特に色石の鑑定は難しく、鑑定書が無いことが多いです。そのため、宝石の価値を正確に判断できる鑑定士のいる買取ショップを選ぶことも大事なポイントの一つです。

付属品を残しておく

購入時についていた箱や袋、鑑定書などが残っているとさらに高く評価してもらえる可能性があります。購入時と同じ包装状態で査定に出せればベストですね。

普段から保管方法やお手入れ方法に気をつけて

サファイアは硬度が高く、摩擦・衝撃・高熱に強い宝石です。万が一手放すときのために、普段から丁寧に保管・お手入れしましょう。日常で使用する程度なら軽く水拭きをするだけでOKですが、油脂に弱いため油汚れに注意。油汚れが付着したら、柔らかい布に薄めた中性洗剤を含ませて拭き取ると落とせるでしょう。保管の際は、小分けできるフタつきのジュエリーボックスに入れてくださいね。

査定や買取で外に出す際は、布でくるんでから持ち運ぶと◎。ジュエリーの場合は付属のケースに入れても良いですよ。

汚れを綺麗にしてから査定に出す

宝石の輝きが美しいほど、当然買取額も高くなっていきます。長年使用していたジュエリーは表面に汚れが付着している可能性が高いので、査定に出す前にやわらかいタオルで優しく汚れをふき取ってあげましょう。

サファイアの高価買取が期待できる業者3選

サファイアを売るなら、ちゃんと高価買取してくれる業者を選びたいところですよね。そこで、銀座エリアで人気のある買取業者を徹底リサーチ!サファイアの高価買取が期待できるオススメ業者3選をご紹介します。

買取福助

買取福助HP画像
引用元HP:買取福助
https://antique-kaitori.com/

買取福助 銀座店の買取査定額

2.3カラットのサファイアの指輪:19,976円

買取福助で買取してもらった人の口コミ

「査定のとき、「こんな小さなものでも買取してもらえるの?」と思わず聞きたくなるような小さい宝石でも、ちゃんと査定対象として鑑定してくれました。店内には買取金額があらかじめ提示されているため、安心して依頼できます。買取金額も予想より高くなったので、また利用したいなと思いました」

「都心から離れたところに店舗があるので、知っている人が少ないのでしょうか。宝石の買取をお願いしたいときは、ちょっと遠いんですが、納得のいく対応と価格を提示してくれる買取福助さんに毎回依頼しています。目の前で貴金属を計量してくれることがとても気に入っており、信頼できると感じています」

買取福助の特徴

店舗には、日々の価格変化に対応している買取価格相場表が表示されています。相場に合わせて、きちんとした鑑定士が素早く鑑定。そのため非常に査定時間が短いのが買取福助の特徴です。手早く査定したい方にはぴったり。また、壊れている品物やかけている宝石でもグラム単位で計測し、買い取ってもらえる点も魅力です。

買取福助の公式サイトを
見てみる

買取本舗七福神

買取本舗七福神HP画像
引用元HP:買取本舗七福神
https://kikinzokukaitori.jp/

買取本舗七福神 銀座本店の買取査定額

2.3カラットのサファイアの指輪:19,000円

※宝石鑑定書なし

買取本舗七福神で買取してもらった人の口コミ

「いくつか店舗を回ったなかでも高額な値をつけてくださったので、即決で買取をお願いしました。スムーズに買い取ってもらえて助かりました。正直同じくらいの査定額を出してくれる業者はほかにもありましたが、七福神は値段の理由をしっかりと説明してくれるところがとても安心できました」

「宝石を売りたいと思って買取業者を調べてみましたが、正直質屋さんのような店舗は入りにくくて…。そんなとき宅配買取サービスがあることを知り、利用してみることにしました。宅配でも、まるで店舗にいるかのように丁寧に説明してくださり、とても良かったです。買取額も想像より高く、非常に満足しています」

買取本舗七福神の特徴

買取本舗七福神は、ダイヤモンドやサファイヤ・エメラルドなどの色石、貴金属の買取を行っています。色石やプラチナ・ゴールドなどの地金の価値もしっかり査定してくれるのが嬉しいポイント。また、資格を有する鑑定士が現物を見てしっかり査定するため、鑑定書がなくても買取価格に影響が出ません。鑑定書がない宝石を持っている方に特にオススメです。

買取本舗七福神の公式サイトを
見てみる

なんぼや

なんぼやHP画像
引用元HP:なんぼや
https://nanboya.com/

なんぼや 銀座本店の買取査定額

2.3カラットのサファイアの指輪:18,000円

※宝石鑑定書なし

なんぼやで買取してもらった人の口コミ

「査定は無料でしてくれるので、気軽に依頼できました。査定額を見てから、本当になんぼやに買取を依頼するのか、他社に依頼をするのか判断できるのは大きな魅力ですよね。ネットでの口コミ評価も高く、実際の対応も親切だったので、安心して依頼できます!」

「バブルを彷彿とさせる古いデザインのリングでしたが、それでも買い取ってもらえたので驚きました!店舗はちょっと足を踏み入れにくい雰囲気があってドキドキだったけど、実際に中に入ると店員さんがとても丁寧に対応してくれて緊張感もすっかりなくなり、リラックスしながら査定額を聞くことができました」

なんぼやの特徴

東京・神奈川エリアに5店舗以上の拠点があり、店頭買取はもちろん出張買取や宅配買取も行なっています。また拠点は全国に展開。大手チェーン店ならではの強みを活かし、24時間対応しているカスタマーサポートや気軽に依頼しやすいオンライン査定など、使い勝手のいいさまざまなサービスを提供しています。

なんぼやの公式サイトを
見てみる

そもそもサファイアってどんな宝石?

ダイヤモンドの次に硬い宝石・サファイア

サファイアは、ラテン語で「青」を意味する「サッピルス(sapphirus)」に由来している宝石です。ダイヤモンドに次いで硬く、様々なカット方法で加工されています。日本では「蒼玉(せいぎょく)」と呼ばれ、その美しい青に多くの人々が魅了されてきました。一般的に青い色のイメージが強い宝石ですが、実は青以外の色味も存在しているのです。

サファイアの特徴

サファイアは、ルビーと同じコランダムという鉱物に属する宝石。酸化クロムを含有して赤色になった宝石をルビー、赤色以外のものはすべてサファイアに分けられます。ブルー以外のサファイアは「ファンシーカラーサファイア」と呼ばれ、様々な色味が特徴です。

サファイアの主な産出国は、インド・ミャンマー・スリランカ・タイなど。そのうち、インドのカシミール地方で産出される「コーンフラワーブルーサファイア」は高級品だとされています。現在は紛争により採取しづらくなったので新たなものが市場に出回ることは少ないのだそう。ごくまれにアンティーク品として取引されることから「幻のサファイア」とも呼ばれています。

サファイアの宝石言葉は、「誠実」「慈愛」「徳望」など。強い想いの象徴として婚約指輪や結婚指輪に選ぶ人もいるのだとか。花嫁が4つのサムシングを身につけると幸せになれる「サムシング・フォー」のうちのひとつ「サムシング・ブルー」に、ブルーサファイアが施されたジュエリーが用いられることもあります。

サファイアの歴史

中世の人々にとって、サファイアは聖職者にふさわしい宝石だと考えられていました。サファイアが持つ神秘的な力が人々を苦しみから救ってくれると信じられていたからです。聖職者たちは御守りとしてサファイアを身につけ、信者たちを導いていたと言われています。

イギリス王室では、王冠やティアラなどの宝飾品に用いられていました。チャールズ皇太子が故ダイアナ妃に贈った婚約指輪にサファイアが施されていたことも有名ですね。

サファイアの色(カラー)

コーンフラワーブルー

コーンフラワーブルーサファイアとは、インドとパキスタンの国境地域であるカシミール地方で産出されるサファイアのこと。通称「カシミールサファイア」とも呼ばれています。

濃すぎず薄すぎない、程よい透明感と青みが特徴。サファイアのカラーとしては価値が高い色です。その美しさと優れた品質から「幻のサファイア」と言われることも。

ロイヤルブルー

ミャンマーのモゴック地域で産出されるロイヤルブルーサファイア。特徴はその落ち着いた青色で、ロイヤルブルーサファイアの深みのある青の発色は、神秘的な美しさを感じさせます。古代ローマ時代から高貴な地位の象徴として重宝されてきた歴史が物語るとおり、その名にふさわしい高級感が魅力です。

コーンフラワーブルーとの違いは透明感がやや強いこと。コーンフラワーブルーに匹敵するほど美しく、その価値はコーンフラワーブルーに次いで高くなっています。

カワセミブルー

カワセミブルーのサファイアは、やや紫がかった色合い。ほかのサファイアと比べて色合いが淡く、透明度が高いのが特徴です。市場で多く流通しているサファイアと言われていますが、その品質はコーンフラワーブルーサファイアにも劣らないほど。

インクブルー

まさにブルーのインクのような色味が特徴のオーストラリア産のサファイア。透明度が低く、新月の夜のような暗い青色をしています。その色合いから「ミッドナイトブルーサファイア」と呼ばれることも。青が濃すぎるためサファイアの中では価値が低く、買取額も低い傾向があります。

パパラチアサファイア

ファンシーカラーの1つ。桃色とオレンジ色の中間のような色合いをしており、希少性が高く、ファンシーカラーのなかでは価値が高くなっています。そのことから「King of Sapphire(サファイアの王様)」とも呼ばれています。

ピンクサファイア

その名の通り、華やかなピンクの発色をするサファイアです。石自体の価値はそれほど高くありませんが、そのキュートない色合いから女性人気が高いサファイアの1つです。

イエローサファイア

薄いレモンのような色からオレンジがかった色までさまざま。とくに色の濃いサファイアは「ゴールデンサファイア」と呼ばれ、イエローサファイアのなかでは1級品として扱われています。

バイオレットサファイア

神秘的な美しさが特徴のバイオレットサファイア。優しいバイオレットカラーからハッキリとした色合いのもまで、濃淡の幅が広く、なかでも鮮やかで明るいカラーが人気です。

サファイアの産地

スリランカ

サファイアの産地として有名なのはスリランカです。

歴史的にもサファイアとの関わりが深く、記録上では約2000年も前から、サファイアを通じて外交を行なっていたという記録があります。

スリランカで採れるサファイアは非常に高品質。「コーンフラワーブルー」や「ロイヤルブルー」といったサファイアも採掘されています。

カシミール地方

サファイアの産地として名高いのが、このカシミール地方です。カシミール地方は古くから有数のサファイアの産地とされてきました。

産出されるのはコーンフラワーブルーのサファイアで、ほかの地域で採れるサファイアとは一線を画すほどの価格で取引されています。

しかし紛争などの国際情勢の悪化に伴い、その産出量は年々減少。最近では市場に出回ることもほとんどなく、幻のサファイアと称されています。

オーストラリア

オーストラリアは世界屈指のサファイア鉱床があります。産出量が多く、1980年代はサファイア市場のシェア率7割をオーストラリアが占めていたほどで。近年では徐々に減少してきているものの、未だに高い産出量を誇ります。

ブルーだけではなく、さまざまな色味のサファイアが産出されることが特徴。ファンシーカラーのサファイアも多く産出しており、他産地に引けを取らないほど良質なサファイアも採掘されています。

参照元:GSTV(https://www.gstv.jp/gembook/sapphire.html)

サファイアの評価

サファイアの価値は「カラー」「クラリティ(透明度)」「テリ・輝き」の総合的な評価で決まります。なかでも「カラー」はサファイアの価値に大きく影響する要素です。

サファイアの重要要素はカラー

サファイアと聞いて多くの方がイメージするのは青い宝石ですが、青色とひとことに言ってもさまざまな色合いがありますし、ピンクや黄色といったカラーのサファイアもあります。

価値が高いのは、鮮やかな青色と程よい透明感を持つコーンフラワーブルー。次いで、鮮明な発色ながら柔らかな色味が特徴のロイヤルブルーが評価されます。サファイアは、彩度が強いほどに好まれる傾向があります。また、暗すぎず、明るすぎずといった中間程度の明度が好ましいとされています。

透明度の高いサファイアが評価される

よりインクルージョン(内包物)が少なく、透明度が高いサファイアが良いとされます。

インクルージョン(内包物)が一切ないサファイアは存在しません。その大きさや入っている場所、種類などがサファイアの美しさにどれぐらいの影響を与えるかで「クラリティ・透明度」は評価されます。

カットとの関連性が高い「テリ・輝き」

サファイアの輝きの評価はカットによって決まります。適切な縦・横・深さの比率でカットされていると、まるで石の奥から青さがあふれ出すような輝きが生まれます。

ですが、サファイアは色ムラがある宝石のため最適な比率でカットするのは熟練の技が必要になります。石1つひとつの品質を見極め、その個性を最大限に発揮することができたサファイアが高い評価を受けます。

サファイアを鑑定する際のポイント

コーンフラワーブルーサファイアをSクラス(100点満点)として、Aクラス(80点以上)、Bクラス(60点以上)、Cクラス(40点以上)の基準で鑑定します。鑑定するポイントは色味・透明度・輝き。中でも重視されているのが色味です。一般的にサファイアは濃い色味のほうが高価だと言われていますが、あまりにも濃すぎるものは価値が下がってしまうのだそう。程よく鮮やかな青みのサファイアが理想です。

色味が薄すぎるもの、濃すぎるものは買取価格が安くなる傾向があります。鮮やかな青みを持つコーンフラワーブルーサファイアが高価です。

サファイアの内部に、不純物や内包物(インクルージョン)の混在が少ないものほど高価となります。

透明感のあるサファイアは輝きも美しいのが特徴。深みのある青色で、鮮やかに輝くものが良いとされています。

査定調査 8つのジュエリーを5社に買取査定!本当に「信頼できる」ダイヤモンド買取店を教えます 公式サイトのシミュレーターとの差額も調査!

ダイヤモンドを買い取ってもらうなら、しっかり査定してくれるところにお願いしたい…。そんな思いを抱えた5人が、サイト管理人の大谷好男(だいやよしお)の指示のもと、事前に見積もり額がわかるシミュレーター掲載の5店舗をまわり、実際の査定額との差をチェック。参考にしてみてください。
太字が実際の査定額、赤太字が一番高値がついたお店、カッコ内がシミュレーターの金額との差分です。

                                         

婚約はきお

石売キャバ子

遺品おさむ

遺品おさむ

遺品おさむ

遺品おさむ

思出別美

指原リコ

ドリーム

¥57,000(+16,000~24,200) ¥48,000¥320,000 ¥30,000 ¥30,000 ¥80,000 ¥100,000(+17,400~35,900) ¥380,000(+22,700~94,200)

なんぼや

¥53,000(―78,700) ¥50,000 ¥300,000 ¥30,000 ¥31,000 ¥115,000 ¥80,000(―131,800) ¥120,000(―285,800)

大黒屋

¥55,000(―8059) ¥45,000 ¥250,000 ¥25,000 ¥30,000 ¥50,000 ¥80,000(―15,879) ¥250,000(―100,298)

おたからや

¥51,000(―95,700) ¥47,000 ¥300,000 ¥30,000
前後
¥40,000 ¥50,000 ¥92,000(―132,000) ¥380,000(―30,000)

リファスタ

¥55,000(+9,000) ¥45,000 ¥230,916 ¥34,737 ¥48,439 ¥69,881 ¥88,856(―11,144) ¥250,552(―106,448)
                           

※5店舗に実際に査定した金額を出しています(2021年4月時点)。シミュレーターはダイヤモンドのみの価格で、実際の査定額はプラチナや地金なども含まれた価格を意味します。宝石の価格は日によって変動しますので参考程度にお考え下さい。いずれも税表記なし。

ここPOINT
                                       大谷好男                                        
大谷好男
ダイヤはドリーム、色石はリファスタやなんぼや

実際に査定に行った結果、ダイヤモンドの価格を算出するシミュレーターとの差もそこまでズレがなく、ダイヤモンド買取で高値を出してくれるのがドリームだとわかります。38万円の値がついたダイヤリングについては、おたからやも同額をつけています。
ルビー、サファイア、エメラルドといった色石系は、リファスタとなんぼやが高値をつける傾向にあるとわかります。 実際に査定に行く際の参考にしてみてください。

実際に査定に行った結果、ダイヤモンドの価格を算出するシミュレーターとの差もそこまでズレがなく、ダイヤモンド買取で高値を出してくれるのがドリームだとわかります。38万円の値がついたダイヤリングについては、おたからやも同額をつけています。
ルビー、サファイア、エメラルドといった色石系は、リファスタとなんぼやが高値をつける傾向にあるとわかります。 実際に査定に行く際の参考にしてみてください。

本当に信頼できるのはどこ?8種のジュエリーを5社に査定依頼してみました