宝石買取ハンドブック » サファイアの買取相場
実際の査定額で比較!
ダイヤモンドの高額買取業者TOP3
査定調査 5つのダイヤモンドジュエリーを5社に買取査定!その中で査定額が高額だった上位3社を紹介しています。

ダイヤリング

ティファニー

ネックレス

ダイヤリング

ネックレス

ダイヤリング

1位 ドリーム

¥90,000 ¥60,000 ¥130,000 ¥350,000 ¥70,000 ¥200,000

2位 ブランディア

¥90,000 ¥80,000 ¥137,000 ¥300,000 ¥64,000 ¥150,000

3位 大黒屋

¥60,000 ¥45,000 ¥100,000 ¥215,000 ¥45,000 ¥160,000
SWIPE
   

※路線利用者が東京でNo.1の山手線の駅を対象に、宝石買取、ダイヤ買取の店舗が多いエリアから5店舗(ドリーム・大黒屋・七福神・ブランディア・宝石広場)を回り、5つのダイヤモンドジュエリーを実際に査定依頼。その査定額のから算出しております(2022年3月時点)。査定の詳細はこちらをご確認ください。
また、宝石の価格は日によって変動しますので、参考程度にお考えください。

サファイアの買取相場

公開日:|更新日:

9月の誕生石として知られるサファイア。サファイアと聞くと青色の宝石を想像する人がほとんどだと思いますが、実はサファイアのカラーバリエーションは非常に豊富。ピンクや黄色といったファンシーカットのサファイアもあります。

このページではそんなサファイアの買取相場や高く買い取ってもらうためのポイント、おすすめの買取店などをまとめています。

サファイアの買取相場

サファイアの買取相場の目安をまとめました。ただし、サファイアの価格は市場の傾向に合わせて変動します。また、ジュエリーとしてのデザイン性やサファイアの産地、そのほか使われている貴金属・宝石類によって価格に差が出ます。下記の相場はあくまで目安として考えてくださいね。

参考ページ:福岡宝石市場 公式買取サイト(https://www.feelsogood.jp/colorstone_price/sapphire.html)

Sランクのサファイアの買取相場

Sランク=色が濃い、内包物がない、透明度が非常に高い

カラット 買取価格(目安)
1.0カラット 15,000円~40,000円
2.0カラット 45,000円~120,000円
3.0カラット 75,000円~200,000円
5.0カラット 300,000円~800,000円
10.0カラット 750,000円~2,000,000円

Aランクのサファイアの買取相場

Aランク=色がやや濃い、わずかな内包物しかない、透明度が高い

カラット 買取価格(目安)
1.0カラット 7,500円~20,000円
2.0カラット 30,000円~80,000円
3.0カラット 45,000円~120,000円
5.0カラット 150,000円~400,000円
10.0カラット 450,000円~1,200,000円

Bランクのサファイアの買取相場

Bランク=色の濃さが平均的、インクルージョンが見られる、わずかに濁っている

カラット 買取価格(目安)
1.0カラット 4,500円~12,000円
2.0カラット 15,000円~40,000円
3.0カラット 30,000円~80,000円
5.0カラット 75,000円~200,000円
10.0カラット 225,000円~600,000円

Cランクのサファイアの買取相場

Cランク=色が薄い、インクルージョンが目立つ位置にある、透明度がない

カラット 買取価格(目安)
1.0カラット 1,500円~4,000円
2.0カラット 4,500円~12,000円
3.0カラット 7,500円~20,000円
5.0カラット 15,000円~40,000円
10.0カラット 45,000円~120,000円

Dランクのサファイアの買取相場

Dランク=色がかなり薄い、インクルージョンが目立つ位置にある、かなり濁っている

カラット 買取価格(目安)
1.0カラット 150円~400円
2.0カラット 750円~2,000円
3.0カラット 750円~2,000円
5.0カラット 1,500円~4,000円
10.0カラット 4,500円~12,000円

【査定額で比較】
東京の高額宝石買取店はココ!

サファイアを高く買い取ってくれたショップ3選

東京に店舗があり、ダイヤモンドのシミュレーターを公式HPに掲載している5店舗(ドリーム・なんぼや・おたからや・大黒屋・リファスタ)を実際にまわり、サファイアやダイヤモンドなどさまざまな宝石を査定に出してみました。ここでは、サファイアの査定額が高かった上位3店舗を紹介します。

今回査定に出したのは…

サファイアの指輪
サファイアリング
DATA

使用素材:プラチナ850
サファイア:1.504ct
ダイヤモンド合計:0.68ct
鑑別書:なし

1位:リファスタ

リファスタの公式サイトのキャプチャ
引用元:リファスタ
https://www.jbdream.jp/

サファイアの指輪の買取査定結果¥48,439

「人」「物」「心」の橋渡しがモットー

リファスタでは、思いを汲み取り、「あなたに売って良かった」と思ってもらえるような接客サービス、価格の提供に努めています。買取を通じて「人」「物」「心」の橋渡しすることを役割と考えているようです。

平等なサービス提供のためFC展開はなし

リファスタの特徴は、フランチャイズ展開していないこと。サービスと技術を集約することにより、平等なサービスの提供ができると考えているからだそうです。

リファスタの基本情報

2位:おたからや

おたからやの公式サイトのキャプチャ
引用元:おたからや
https://www.otakaraya.jp/daiya/

サファイアの指輪の買取査定結果¥40,000

ノウハウをもとに安定した査定額を提示

おたからやは、研修を受けたプロ査定員で構成されています。査定のノウハウやデータが横浜本社にあるため、安定した査定、金額を導き出すことができます。

スピード査定を重視

店頭での査定・買取以外にも、「出張買取」も実施しています。最短5分で無料査定ができる「メール査定」にも対応。いずれにせよスピードを重視しており、実現できるのは店舗と本部を結ぶ映像および音声のホットラインがあるからこそ。

おたからやの基本情報

3位:なんぼや

なんぼやの公式サイトのキャプチャ
引用元:なんぼや
https://nanboya.com/jewelry-kaitori/

サファイアの指輪の買取査定結果¥31,000

主要エリアに店舗があるから持ち込みやすい

銀座に本店を構えている「なんぼや」は、東京都内や横浜、大阪、兵庫、京都などに全国114店舗展開しているチェーン店です(2021年4月時点)。主要エリアに店舗があり、どこも駅から近く徒歩範囲で、直接持ち込みやすいのも魅力です。

力を入れている「おもてなし」の精神

なんぼやが力を入れているのは「おもてなし」。鑑定士をコンシェルジュと称しており、納得感のある説明で評価を得ています。お店の雰囲気づくりもおもてなしのひとつと考えており、入店のしやすさも魅力のひとつです。

なんぼやの基本情報

そもそもサファイアってどんな宝石?

サファイアの特徴

サファイアは、ルビーと同じコランダムという鉱物から産出される宝石。生成の際に鉄やチタンが混入すると青色のサファイアになり、クロムが混入すると赤色のルビーとなります。一般的に想像されるカラーは青色ですが、実はさまざまなカラーバリエーションがあり、ブルー以外のサファイアは「ファンシーカラーサファイア」と呼ばれます。

サファイアの宝石言葉には「誠実」や「慈愛」、「徳望」などがあり、婚約指輪や結婚指輪に使う宝石としても人気。また、花嫁が身に付けると幸せになれると言われている「サムシング・フォー」のうちのひとつ「サムシング・ブルー」に、ブルーサファイアのジュエリーを用いられることも多いようです。

サファイアの歴史

サファイアは、ラテン語で「青」を意味する「サッピルス(sapphirus)」に由来している宝石です。中世の頃、サファイアは聖職者にふさわしい宝石だと考えられていました。サファイアは神秘的な力を持っており、人々を苦しみから救ってくれると信じられていたからです。聖職者たちはお守りとしてサファイアを身につけ、信者たちを導いていたと言われています。

日本では「蒼玉(せいぎょく)」と呼ばれ、古来より多くの人々を魅了してきました。

イギリス王室では、王冠やティアラなどの宝飾品にサファイアが用いられていました。チャールズ皇太子が故ダイアナ妃に贈った婚約指輪にサファイアが施されていたことも有名ですね。

サファイアの色(カラー)

実は青色だけでなく、たくさんのカラーバリエーションがあるサファイア。ここでは人気のあるサファイアの色の種類を紹介します。

コーンフラワーブルー

コーンフラワーブルーサファイアとは、インドとパキスタンの国境地域であるカシミール地方で産出されるサファイアのこと。「カシミールサファイア」とも呼ばれています。

濃すぎず薄すぎない、程よい透明感と青みが特徴。サファイアのカラーとしては価値が高い色です。その美しさと優れた品質から「幻のサファイア」と言われることも。

ロイヤルブルー

ミャンマーのモゴック地域で産出されるロイヤルブルーサファイア。特徴は、その名の通りの高貴で落ち着いた色合い。ロイヤルブルーサファイアの深みのある青色は、神秘的な美しさを感じさせます。古代ローマ時代から高貴な地位の象徴として重宝されてきた歴史があります。

コーンフラワーブルーとの違いは、ロイヤルブルーのほうが透明感がやや強いこと。コーンフラワーブルーに匹敵するほど美しく、その価値はコーンフラワーブルーに次いで高くなっています。

カワセミブルー

カワセミブルーのサファイアは、やや紫がかった色合い。ほかのサファイアと比べて色合いが淡く、透明度が高いのが特徴です。市場で多く流通しているサファイアと言われていますが、その品質はコーンフラワーブルーサファイアにも劣らないほど優れています。

インクブルー

まさにブルーのインクのような、濃い色味が特徴のオーストラリア産のサファイア。透明度が低く、新月の夜のような暗い青色をしています。その色合いから「ミッドナイトブルーサファイア」と呼ばれることも。青が濃すぎるためサファイアの中では価値が低く、買取額も低い傾向があります。

パパラチアサファイア

ファンシーカラーサファイアの1つ。ピンクとオレンジの中間のような色合いをしており、希少性が高く、ファンシーカラーのなかでは価値が高いサファイアです。そのことから「King of Sapphire(サファイアの王様)」とも呼ばれています。

ピンクサファイア

その名のとおり、華やかなピンク色をしているサファイアです。石自体の価値はそれほど高くありませんが、そのキュートな色合いから女性人気が高いサファイアの1つです。

イエローサファイア

薄いレモンのような色からオレンジがかった色までさまざま。とくに色の濃いサファイアは「ゴールデンサファイア」と呼ばれ、イエローサファイアのなかでは1級品として扱われています。

バイオレットサファイア

神秘的な美しさが特徴のバイオレットサファイア。優しいバイオレットカラーからはっきりとした紫色まで、濃淡の幅が広く、なかでも鮮やかで明るいカラーが人気です。

サファイアの産地

スリランカ

サファイアの産地として有名なのはスリランカです。スリランカで採れるサファイアは非常に高品質。「コーンフラワーブルー」や「ロイヤルブルー」といったサファイアも採掘されています。

また、歴史的にもサファイアとの関わりが深く、記録上では約2000年も前からサファイアを通じて外交を行なっていた…という記録があります。

カシミール地方

サファイアの産地として名高いのが、このカシミール地方です。カシミール地方は古くから有数のサファイアの産地とされてきました。しかし紛争などの国際情勢の悪化に伴い、その産出量は年々減少。最近では市場に出回ることもほとんどなく、幻のサファイアと称されています。

産出されるのはコーンフラワーブルーのサファイア。ほかの地域で採れるサファイアとは一線を画すほどの価格で取引されています。

オーストラリア

オーストラリアは世界屈指のサファイア鉱床があります。産出量が多く、1980年代はサファイア市場のシェア率7割をオーストラリアが占めていたほど。近年では徐々に減少してきているものの、未だに高い産出量を誇ります。

ブルーだけではなく、さまざまな色味のサファイアが産出されることが特徴。ファンシーカラーのサファイアも多く産出しており、他産地に引けを取らないほど良質なサファイアも採掘されています。

参照元:GSTV(https://www.gstv.jp/gembook/sapphire.html)

サファイアの査定・鑑定のポイント

サファイアの価値は「カラー」「クラリティ(透明度)」「テリ・輝き」の総合的な評価で決まります。なかでも「カラー」はサファイアの価値に大きく影響する要素です。

一番重要なのはカラー

サファイアと聞いて多くの方がイメージするのは青い宝石ですが、ひとことに青と言ってもさまざまな色合いがありますし、ピンクや黄色といったファンシーカラーのサファイアもあります。

価値が高いのは、鮮やかな青色と程よい透明感を持つコーンフラワーブルー。次いで、鮮明な発色ながら柔らかな色味のロイヤルブルーが評価される傾向にあります。

一般的に色が濃いほうが価値が高いと言われますが、あまりにも濃すぎるものは逆に価値が下がってしまうのだそう。明度についても、暗すぎず、明るすぎずといった中間程度が好ましいとされています。

透明度の高いサファイアが評価される

どの宝石でも言えることですが、よりインクルージョン(内包物)が少なく、透明度が高いサファイアが良いとされます。

インクルージョン(内包物)が一切ないサファイアは存在しません。その大きさや入っている場所、種類などがサファイアの美しさにどれぐらいの影響を与えるかで「クラリティ・透明度」は評価されます。

カットと関連性が高い「テリ・輝き」

サファイアの輝きの評価はカットによって決まります。適切な縦・横・深さの比率でカットされていると、まるで石の奥から青さがあふれ出すような輝きが生まれます。

ですが、サファイアは色ムラがある宝石のため最適な比率でカットするには熟練の技が必です。石1つひとつの状態を見極め、その個性を最大限に発揮するようカットされたサファイアが高い評価を受けます。

非加熱のサファイアは高価買取の可能性が高い

市場に出回っている多くのサファイアは、人工的な加熱処理がされています。加熱処理を行うことで、発色がより鮮明になり、品質がそれほど高くないサファイアでも美しくなるのです。

一方で、非加熱のサファイアは希少性が高く、買取価格も高額になる可能性が大。どれぐらい貴重かというと、査定の世界でも100個に1個の割合でしか出会えない…と言われるほどです。

産地別だとカシミール産が高価。また、ミャンマー産で色味が美しいサファイアも希少価値があります。

サファイアの買取事例

サファイア・ダイヤモンドリング

サファイアの買取事例
引用元:ドリーム公式サイト
(https://www.jbdream.jp/assessment/967/)

2ctを超える大ぶりなサファイアをあしらった、意匠性の高いリングです。センターストーンのまわりにセッティングされたダイヤモンドがキラキラと輝き、全体的にゴージャスな雰囲気に仕上がっています。サファイア自体の品質も非常に良く、7万円という高価買取を実現しました。

事例参照元:ドリーム公式サイト(https://www.jbdream.jp/assessment/967/)

スターサファイア・ダイヤモンドリング

サファイアの買取事例
引用元:ドリーム公式サイト
(https://www.jbdream.jp/assessment/965/)

吸い込まれるような青色が魅力的なサファイアリングの買取事例です。20ctupという大きさはもちろん、「スター」と呼ばれる光の筋が見えるのも高品質なサファイアの証でしょう。こちらはダイヤモンドの品質も高く、プラス査定を実施しています。

事例参照元:ドリーム公式サイト(https://www.jbdream.jp/assessment/965/)

8.6カラット サファイアリング

サファイアの買取事例
引用元:ドリーム公式サイト
(https://www.jbdream.jp/assessment/1669/)

澄んだ夜空を思わせる深い青色が特徴的なサファイアリング。周りを囲むダイヤモンドとのコントラストが映えるデザイン。素材にプラチナが使用されているのも高評価のポイントで、総合的な評価で20万円という査定額になっています。

事例参照元:ドリーム公式サイト(https://www.jbdream.jp/assessment/1669/)

サファイアを高額で買い取ってもらう方法

鑑別書・鑑定書があれば一緒に持っていく

鑑別書がある場合は一緒に持ち込みましょう。鑑別書には宝石の種類や施されている加工などが記載されており、宝石の真贋を証明することが可能です。色石の品質評価はプロでも難しいため、査定に出すと必ず「鑑別書はありますか?」と聞かれます。

鑑別書がない場合、業者側が宝石を販売するため新しく鑑別書を取ることがあり、その分の経費を差し引いて見積もりを出す場合があります。すべての鑑別書を一緒に持ち込むと、見積額がほんの少しアップすることも考えられます。すべての業者がそうしているわけではありませんが、鑑別書をつけると査定額が上がる可能性がより高まります。

鑑定士のいる買取店で査定に出す

前述のとおり、色石の鑑定は非常に難しいため、知識のないスタッフではなかなか正しい価格が付けられません。鑑定書がないときは、資格を持つ鑑定士がいる買取店で査定に出しましょう。

付属品を残しておく

購入時についていた箱や袋、鑑定書などが残っているとさらに高く評価してもらえる可能性があります。購入時と同じ包装状態で査定に出せればベストですね。

普段から保管方法やお手入れ方法に気をつけて

サファイアは硬度が高く、摩擦・衝撃・高熱に強い宝石。日常で使用する程度なら、お手入れは軽く水拭きをするだけでOKです。

ただ、油脂に弱いため油汚れには要注意。油汚れが付着してしまったら、柔らかい布に薄めた中性洗剤を含ませて拭き取りましょう。保管の際は、小分けできるフタつきのジュエリーボックスに入れてくださいね。

汚れを綺麗にしてから査定に出す

宝石の輝きが美しいほど、当然買取額も高くなっていきます。長年使用していたルビーは表面に汚れが付着している可能性が高いので、査定前にやわらかいタオルで優しく汚れをふき取ってあげましょう。

査定や買取で外に出す際は、布でくるんでから持ち運ぶと◎。ジュエリーの場合は付属のケースに入れても良いですよ。

 

宝石買取ハンドブックをチェックする >>

査定調査 9つのジュエリーを5社に買取査定!本当に「信頼できる」ダイヤモンド買取店を教えます。

ダイヤモンドを買い取ってもらうなら、しっかり査定してくれるところにお願いしたい…。そんな思いを抱えた4人が、ダイヤ買取の需要が高い渋谷・新宿・新橋で創業年数の長い5店舗をまわり、実際の査定額をチェック。
赤太字が一番高値がついたお店の金額となっています。

ルビーの
リング
鑑別書あり

サファイヤ
のリング
鑑別書なし

エメラルド
のリング
鑑別書あり

ダイヤの
リング
鑑定書あり

ティファニ
ーのリング
鑑定書あり

ダイヤの
ネックレス
鑑定書あり

ダイヤの
リング
鑑定書なし

ココ山岡の
ネックレス
鑑別書あり

ココ山岡の
リング
鑑定書なし

ドリーム

¥30,000 ¥30,000 ¥65,000 ¥90,000 ¥60,000 ¥130,000 ¥350,000 ¥70,000¥200,000

大黒屋

¥27,000 ¥28,000 ¥37,000 ¥60,000 ¥45,000 ¥100,000 ¥215,000 ¥45,000 ¥160,000

七福神

¥25,000 ¥30,000 査定額提示なし
(直接本部で見たいとのこと)
¥55,000 ¥40,000~50,000 ¥100,000 ¥220,000 ¥35,000¥120,000

ブランディア新宿南口

¥38,000 ¥40,000 ¥60,000 ¥90,000 ¥80,000 ¥137,000 ¥300,000 ¥64,000¥150,000

宝石広場渋谷

¥25,000 ¥28,000 ¥60,000 ¥73,000 ¥50,000 ¥100,000 ¥250,000 ¥50,000¥100,000

路線利用者が東京でNo.1の山手線の駅を対象に、宝石買取、ダイヤ買取の店舗が多いエリアから5店舗をピックアップしています。5店舗に実際に査定した金額を出しています(2022年3月時点)。宝石の価格は日によって変動しますので参考程度にお考え下さい。いずれも税表記なし。

ここPOINT
下田恵子                                        
宝石鑑定士
下田恵子
ダイヤはドリーム、色石はブランディア
                                       

実際に査定に行った結果、ダイヤモンドの価格を算出するシミュレーターとの差もそこまでズレがなく、ダイヤモンド買取で高値を出してくれるのがドリームだとわかります。ココ岡山のダイヤリングや鑑定書なしのダイヤでも他社より高い買取価格に。
ルビー、サファイア、といった色石系は、ブランディアが高値をつける傾向にあるとわかります。実際に査定に行く際の参考にしてみてください。

実際に査定に行った結果、ダイヤモンドの価格を算出するシミュレーターとの差もそこまでズレがなく、ダイヤモンド買取で高値を出してくれるのがドリームだとわかります。38万円の値がついたダイヤリングについては、おたからやも同額をつけています。
ルビー、サファイア、エメラルドといった色石系は、リファスタとなんぼやが高値をつける傾向にあるとわかります。 実際に査定に行く際の参考にしてみてください。

本当に信頼できるのはどこ?8種のジュエリーを5社に査定依頼してみました