宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンドジュエリーの買取事例 » ダイヤモンドピアスの買取事例集

ダイヤモンドピアスの買取事例集

公開日: |更新日:

いろいろな事情によりジュエリーBOXに眠っているダイヤモンドピアスや、「片方だけ」「ダイヤモンドが取れた」というピアスを持っている方は、買取業者に査定してもらうことをおすすめします。

価値のないと思っていたものが売れたら嬉しいですよね。しかし、「本当に売れるの?」という疑問を持つ方もいると思います。

ここでは実際の買取事例をもとに高く売れるポイントをご紹介。ダイヤモンドピアスを高く売りたいという方は、一見の価値ありですよ。

ダイヤモンドのピアスの買取ポイント

ダイヤモンドのピアスを買取査定する際に、買い取り業者が見分けるポイントを紹介します。

人気のデザインか否か

特に人気ブランドの定番デザインは時代を越えても需要が高いため、査定額アップに繋がりやすくなります。ハイブランドや人気ブランドが扱うピアスはデザインの部分でもコストがかかっているものが多いため、買い取り金額は高くなります。

ダイヤモンドの品質

ダイヤモンド鑑定機関が定めた4C(カラット・カラー・クラリティー・カット)の中でも最も買取価格に影響してくるのがカラットです。そのほか、「輝きが強い」と評価されたものは例えノンブランドでもその定価に見合った金額で買い取ってくれます。ちゃんと鑑定してくれる業者を下調べしてから行きましょう。

ダイヤモンドピアスの買取事例集

買取実績を調査し表にまとめました。ダイヤモンドピアスを買取してもらう際の参考にしてみてください。

K18WG/Pt900ダイヤモンドピアスの買取事例

ダイヤモンドピアスの買取事例

引用元:ゴールドプラザ
(https://goldplaza.jp/2021/02/11/80468)

買取価格:300,000円
ジャンル:ダイヤモンドのピアス
ダイヤモンド:メレダイヤ1.199カラット/1.788カラット
品位:K18WG/Pt900

左右2つで約3カラットのメレダイヤモンドがあしらわれた華やかなピアス。ダイヤモンドの価値と地金(K18ホワイトゴールドとプラチナ900コンビ)、そしてジュエリーとしてのデザイン性も含めて査定され、30万円という高額買取が実現しました。

Pt900/K14ダイヤモンドピアスの買取事例

ダイヤモンドピアスの買取事例

引用元:ゴールドプラザ
(https://goldplaza.jp/2021/04/30/86163)

買取価格:100,000円
ジャンル:ダイヤモンドのピアス
ダイヤモンド:0.526カラット/0.568カラット
品位:Pt900/K14

1粒のダイヤモンドがきらめく、Pt900/K14のダイヤモンドピアス。数年前に購入したけど最近使う機会がないから…と持ち込んでみたところ、100,000円もの査定額がつきました。宝石としての価値はもちろん、デザイン性などジュエリーとしての価値も評価されています。

Pt900ダイヤモンドピアスの買取事例

ダイヤモンドピアスの買取事例

引用元:GREEBER
(https://greeber.jp/kaitori_details.php?n=6708)

買取価格:14,000円
ジャンル:ダイヤモンドのピアス
ダイヤモンド:0.54カラット/0.48カラット
品位:Pt900

左右あわせて1.02カラットのダイヤモンドピアス。地金にはプラチナ900が1.2グラム使用されています。こちらは鑑定書なしの査定でしたが、それぞれの価値を店舗スタッフが鑑定し、14,000円という値段がつきました。

ダイヤモンドピアスの
買取事例をもっと見る

ダイヤモンドピアスを高く買い取ってもらうコツ

宝石専門の買取店で査定・買取してもらう

ダイヤモンドピアスを高く買い取ってもらう最大のコツは、宝石専門の買取店に査定・買取を依頼することです。

ダイヤモンドに詳しくない買取店の場合、メレダイヤなどの小さなダイヤモンドに値段がつかず、安く買い叩かれてしまう可能性があります。特にピアスは小さなダイヤモンドをあしらったものが多いので、高く買い取ってもらうのであれば、買取店選びが重要です。

宝石専門の買取店なら宝石に関する知識や経験の豊富なスタッフが在籍しているため、小さなダイヤモンドでも価値をしっかりと見極めて査定してくれます。また、買取店によってはブランドやデザインの価値も査定額にプラスしてくれるので、より高額買取につながりやすくなります。

鑑定書・保証書を用意しておく

鑑定書・保証書が手元に残っている場合は、ダイヤモンドピアスと一緒に買取店に持ち込むようにしましょう。

特にダイヤモンドの鑑定に自信のない買取店の場合、査定の基準となる鑑定書・保証書がないと、低めの査定額を提示される可能性があります。そのため、ダイヤモンドの種類や価値を証明してくれる鑑定書・保証書の有無が、査定額を左右する重要なアイテムとなってくるのです。

もしも鑑定書・保証書が手元に残っていない場合は、宝石鑑定の国際資格を持つスタッフが在籍する買取店を選ぶのがおすすめ。鑑定書・保証書がなくてもダイヤモンドの価値をきちんと見極めてくれるので、安心して買取を依頼できます。

査定に出す前にお手入れしておく

少しでも高く買い取ってもらうのであれば、査定前のお手入れが重要です。お手入れをして印象を良くしておくと、査定額にプラスしてもらえる可能性があります。

査定前のお手入れは、ほとんど汚れがない状態なら柔らかい布で優しく乾拭きするだけでもOK。汚れが少し目立つようであれば、中性洗剤をぬるま湯で薄めて、柔らかいブラシで優しく洗い落としましょう。このとき汚れが落ちないからといって、強くこすり過ぎないようにしてください。ダイヤモンドに傷がついたり、石が外れてしまったりする可能性があります。

また、ダイヤモンドの輝きを長く維持するためにも、普段からお手入れしておくことも大切です。

ダイヤモンドピアスの扱い方

日頃のお手入れ・ケア

ダイヤモンドは油になじむ性質を持っており、油脂汚れがつきやすい宝石です。油脂汚れはダイヤモンドの輝きを鈍くしてしまうため、ピアスを着用したら毎回お手入れをするようにしましょう。

お手入れをする際は、柔らかい布やジュエリー専用クロスを使用し、優しく拭き取ります。ダイヤモンドの曇りが気になる場合は、洗面器にぬるま湯と中性洗剤を入れてピアスをつけ置きすると、油の膜が取れて本来の輝きを取り戻します。細かい部分の汚れについては、柔らかいブラシや筆で優しくこするように落としてください。

ダイヤモンドの汚れが落ちたら真水でよくすすいで、柔らかい布で優しく拭きとって乾かしましょう。早く乾かしたいからと、ドライヤーを使用するのはNG。ドライヤーの熱でダイヤモンドの輝きが鈍くなる恐れがあります。お手入れやケアをしても汚れや曇りが解消されない場合は、クリーニングに出すことをおすすめします。

保管方法

ピアスはほかのピアスとまとめて収納しがちですが、出し入れの際にピアス同士がぶつかってダイヤモンドや地金に傷がつく可能性があります。ダイヤモンドは意外と衝撃に弱いため、取り扱いには注意が必要です。ダイヤモンドピアスを保管する際は、ほかのピアスとぶつからないように単体で保管するようにしましょう。

専用ケースがなければ、100均でも購入できるピルケースを利用するのもおすすめ。ピアスホールに引っかけるタイプのピアスなら、ピアススタンドを使用しておしゃれに収納することもできます。ダイヤモンドジュエリーのなかでもピアスは小さくてなくしやすいため、注意して保管するようにしましょう。

入浴時の扱い方

ピアスを着けたまま入浴すると、石鹸カスが枠の溝にたまって傷の原因になります。また、温泉に入浴する際も、泉質によって地金が変色したり変質したりする場合があるので、ピアスを外してから入浴するようにしましょう。

スポーツをする際の扱い方

スポーツをして汗をかくと、金属が汗で溶けてイオン化しやすくなります。金属アレルギーの原因にもなるため、スポーツする際はピアスを外しておくのがベター。夏に海やプールに入る際も、ピアスが取れてしまうとまず見つけることは難しいでしょう。また、砂で地金に傷がついたり、純度によって錆びや変色の原因になったりもするため、ピアスを外してから思う存分スポーツを楽しむのがおすすめです。

ダイヤモンドピアスの買取に関するQ&A

Q. 片方のピアスのみでも買取可能?

A.買取可能です。ペアとしての価値ではなく、宝石や貴金属の価値を査定するので本質的な価値が変わることがありません。むしろ片方だけ残っていて使い道のないピアスは置いておくだけで宝の持ち腐れです。ジュエリーの価値は日々変動しています。もちろん、価値が上がることも考えられるので売り時も重要です。とはいえ、そのためには相場を追うのは面倒ですよね。売りたいと思ったときに、できるだけ早く買い取ってもらいましょう。

Q. ダイヤが取れているけど大丈夫?

A.ピアスに付いていたダイヤが取れたとしても買取可能です。どんな状態であれ、貴金属の価値に変わりはありません。オークションやフリマアプリで売ってしまうこともできますが、「使用済みのピアス」というのは売れづらいもの。売りたいがために価値を下げて出品すると元も子もありません。しかし、信頼できる買取店に依頼すれば、適正な価値を付けてくれるので安心です。「ダイヤが取れているから価値がないかも」と思って買取を諦めている方は、ぜひ一度査定してみることをおすすめします。

Q. ピアスのキャッチしか残っていないけど?

A.キャッチだけでも買い取ってもらえます。本体部分ではないとしても、貴金属には変わりありません。小さなキャッチでも十分に価値があります。またプラチナやゴールドなど材質や貴金属の相場によって買取額は変動するので注意が必要です。自分で持っていても使い道がない貴金属は、買い取ってもらいましょう。

ダイヤモンドピアス買取まとめ

買取査定の傾向として、ダイヤモンドの部分大きく評価されているようです。ピアス2つの価値ではなく「ダイヤモンド1粒ずつ」の価値が評価されているのもポイント。その反対にダイヤモンドに傷がある場合は価値が下がってしまいます。ダイヤモンドは硬度が高いため傷に強いのですが、一定方向からの衝撃を受けると割れてしまう性質があります。また、「片方しかない」「ダイヤが取れている」場合でも買取可能です。ダイヤモンドピアスの買取を検討している方は、状態の良いうちに買取をしてもらうといいでしょう。

関連ページ

宝石買取ハンドブック

ダイヤモンドジュエリーの買取事例
BOUCHERON(ブシュロン)のダイヤモンド買取事例
TASAKI(田崎真珠)のダイヤモンド買取事例
PANDORAのダイヤモンド買取事例