宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンドジュエリーの買取事例 » ピアジェのダイヤモンド買取事例

ピアジェのダイヤモンド買取事例

公開日: |更新日:

職人による手作業で選び抜かれたダイヤモンドを使用し、高品質なハイジュエリーを生産しているピアジェ。ダイヤモンドジュエリーの買取相場をリサーチしてみました。買取の際に参考にしてみてくださいね。

ピアジェのダイヤモンド買取事例

ピアジェ ポセッションリング

ピアジェの買取事例
引用元:ブランディア
(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/27901026)

コメント:フランス語で「所有する」という意味を持つリングです。7Pダイヤが埋め込まれ、がっしりとした太いアームが勇ましい印象を与えます。保管状態は保存袋だけとなっており、元値より300,000円ほど低い買取結果となりました。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/27901026)

ピアジェ ネックレス ライムライト

ピアジェの買取事例
引用元:ブランディア
(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/26559509)

コメント:滑らかなハートの曲線が印象的なネックレス。トップサイズが大きく保存状態も良いため、500,000円以上の高価買取となりました。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/26559509)

ピアジェ ポセッションダイヤネックレス

ピアジェの買取事例
引用元:ブランディア
(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/27307984)

丸いホワイトゴールドのモチーフに、0.15カラットのダイヤモンドを埋め込んだネックレスです。箱、ケース、証明書がついていますが、使用感があることから、59,000円での買取となっています。

事例参照元:ブランディア(https://brandear.jp/kakosatei/shouhin/27307984)

ダイヤモンドを高額買取してくれる東京のショップはココ!
\ 実際の査定結果も公開中 /

ピアジェのダイヤモンドとは?

ブランドの特徴

ピアジェは1874年にスイスで創業された高級時計メーカーです。1943年にはブランド名が商標登録され、代表的な商品である「キャリバー9P」を発表。良いものを作ることに決して妥協をしないという創業者の信念をくみ取り、宝石の鑑定から加工、商品の製造までをピアジェ本社で行っている徹底ぶり。長い歴史と現代のニーズに応え続ける姿勢が、世界各国で高い評価を受けているブランドです。

ダイヤの特徴

ピアジェのダイヤモンドは、職人の手作業によって1つ1つ丁寧に鑑定・加工されています。ダイヤモンドのクオリティを図る「4C」に沿い、完成度が高く美しいダイヤモンドを選定。専属の鑑定士による厳正な審査で、永遠の輝きを放つ1粒を選び抜いています。

またピアジェのこだわりとして、紛争を招く原因となる「紛争ダイヤモンド」は取り扱っていないのが特徴です。正当な取引によって得られたダイヤモンドを採用することによって、見た目だけでなく倫理的にも高い品質の商品を提供し続けています。

ダイヤモンドを高額買取してくれるショップはココ!
\ 実際の査定結果も公開中 /

関連ページ

宝石買取ハンドブック

ダイヤモンドジュエリーの買取事例
BLOOMのダイヤモンド買取事例
ダイヤモンドネックレスの買取事例
ティファニーのダイヤモンド買取事例と高く売るコツ