宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » より高く売るには » ダイヤの価値(4C)の決まり方

ダイヤの価値(4C)の決まり方

公開日: |更新日:

ダイヤモンドの価値はどのように決まるのでしょうか。わかりやすくまとめました。

ダイヤモンドの価値を決める4C

ダイヤモンドの価値は、4Cと呼ばれる基準で決められます。
4Cとは、Cut(カットの形)、Color(色)、Clarity(透明度)、Carat(石の重さ)とCからはじまる4つの要素になります。

Cut(カットの形)

Cutはその言葉の通り、ダイヤモンドのカットの形を指します。カットの価値は、形のバランスやダイヤの研磨の仕上げから判断されます。1番美しいカットは「ラウンドブリリアントカット」と呼ばれ、ダイヤの上部に光が集まっています。

ダイヤモンドはカット次第で輝きやテリの美しさが変わるほか、インクルージョンと呼ばれる内包物を隠すことすらできます。ダイヤモンドは「見た目がきれいになるようカットすれば良い」というわけではありません。カットのプロポーションや角度が良くなければ、ダイヤモンドそのものの価値が損なわれてしまいます。そのため、職人のカットの技によってダイヤモンドの価値が左右されると言っても過言ではないのです。

4Cで総称される他の要素は、ダイヤモンドが生まれつき持つものですが、この「カット」という要素だけは、後天的に人の手が加えられることで形となる要素です。職人次第でダイヤモンドの輝きが決まるのです。

Color(色)

ダイヤモンドのColor(4C)の指標

ダイヤモンドのカラーは全て無色だと思っていないでしょうか。実はダイヤモンドの透明度にも等級があり、下がるほど黄色味を帯びていきます。無色のダイヤモンドを「D」カラー。以下「E」「F」「G」そして「Z」まで等級付けされ、「D」~「Z」に向かうほど黄色が濃くなるとされています。

「D」「E」「F」を無色を意味するカラーレスとして表記する場合があり、一般的に最も無色に近いとされる「D」カラーが最も高価だとされています。

近年では、ダイヤモンドのカラーグレードにこだわりを持つ人が増えています。とはいえ実際のところ、その色の違いは鑑定士が見てようやく分かるレベル。見た目の違いは「D」と「E」であればほとんどなく、「E」と「F」であっても素人ではほぼ区別ができません。

また、無色のダイヤモンド以外にも、ファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれる色付きのダイヤモンドがあります。「Z」カラーより深いイエローやブラウン、グレーやオレンジ、ブルー、グリーン、ブラック、バイオレット、ピンクといったさまざまな色合いのダイヤモンドも存在します。

Clarity(透明度)

ダイヤモンドのClarity(4C)の指標

ダイヤモンドは全て透明なように見えますが、実際のところそのほとんどが「インクルージョン」と呼ばれる内包物を含んでいます。クラリティのグレードは、このインクルージョンの数や大きさ、色、位置などによって決められています。もちろん、内包物が少ないほどダイヤモンドの価値は高くなります。

インクルージョンの大きさや数が輝きに影響を与えない程度であれば、ダイヤモンド本来の輝きが失われることはありません。しかしインクルージョンの大きさ次第では、ダイヤモンドの輝きに影響が出てしまいます。ごく稀にではありますが、一切のインクルージョンを含まない「フローレス」と呼ばれるダイヤモンドも存在します。

クラリティのグレードは、効果的な照明の下で10倍に拡大し、専門家によって検査され判断されます。素人が目で見ても判断がつかないケースがほとんどですので、ダイヤモンドを買取に出す際はきちんと鑑定士に鑑定をしてもらう必要があります。またグレードが同じでも、内包物の位置次第で価値が変わることがあるため注意が必要です。

Carat(石の重さ)

ダイヤモンドのCarat(4C)の指標

1カラットは一般的に0.200グラムです。カラット数が大きければ大きいほど、稀少であり価値も高まりますが、同じカラット数のダイヤモンドでも他の3要素の評価次第では価値が大きく変化します。

ダイヤモンドの輝きを最も重要とする場合、カラーの色味やクラリティグレードに頭を悩ませるよりも、大粒でカットの良いダイヤモンドの方が満足できるでしょう。なぜならば、ダイヤモンドの輝きにおいて最も大切なものはカットですが、小さなカラットのものよりも大きいカラットのダイヤモンドの方が、そのカットを充分に活かし、輝きを増すことができるためです。

婚約指輪を決める際にカラットを重要視する人は多いかもしれませんが、金額に悩んだとしても、大きめのダイヤモンドを選択する方が、フォーマルな装いに合うだけでなく、長く身に付けられるという視点からも、大きなカラットダイヤモンドを選ぶと間違いないでしょう。

トリプルエクセレント

ダイヤモンドのカットは総合評価を指すプロポーションカット、表面の研磨仕上げ状態のポリッシュ、対称性を指すシンメトリー対称性によって評価され、グレードが順位付けられます。最も良いグレードは「Excellent」です。

トリプルエクセレントとは、これらが全て「Excellent」の評価を得たものを指します。トリプルエクセレントに研磨されたダイヤモンドは、全て最高の状態にあるダイヤモンドを指し、「最高の輝きを発するダイヤモンド」と呼ぶにふさわしい美しさを誇ります。

ハート&キューピット

ハート&キューピッドは、「Excellent」カットの中でもカットバランスの良いダイヤモンドのこと。ラウンドブリリアントカットを特殊な観察装置を用いて見た時に、クラウン側に対称性を持った8つの矢形とパビリオン側に対称性を持った8つのハート形の光学的現象パターンが見られるのが特徴。ダイヤモンドの中でもGIAカットグレードでも最上位以上に入ります。

また「プロポーズでハートを射止める輝き」として、婚約指輪に使われるダイヤモンドとしても人気があります。

鑑定書と鑑別書の違い

ジュエリーをきちんとしたお店で購入すれば、鑑定書か鑑別書が付いてきます。この2つは実は違うものなのです。

品質保証書としての「鑑定書」はダイヤモンドだけにしか付きません。

鑑定書には、ダイヤモンドの価値を決定づける「4C」のグレードが記されています。4C以外に、仕上げや蛍光性、寸法などについても細かく書いてあります。

「鑑別書」は、ダイヤモンド以外の宝石に着けられます。宝石ごとにグレードを決める基準が異なり、記載事項も変わってきます。

鑑定書、鑑別書、どちらであってもジュエリーの価値の証明書です。大切に保管してなくさないようにしましょう。

ダイヤモンドを高額買取してくれるショップはココ!
\ 実際の査定結果も公開中 /

他にもあるダイヤモンドを高く売る方法

関連ページ

宝石買取ハンドブック

より高く売るには
ダイヤモンドのお手入れ方法
ダイヤモンドを下取りに出すメリット
3カラットのダイヤモンドの買取相場