宝石買取ハンドブック » ダイヤモンド高価買取のコツ » ダイヤモンドジュエリーの買取事例 » ダイヤモンドブローチの買取事例集

ダイヤモンドブローチの買取事例集

公開日: |更新日:

ダイヤモンドブローチは、大量のダイヤモンドを使用していることが多いため、高額で買い取ってもらえることが多いです。しかし、買取業者によっては価値のあるものを安く手に入れたいと考える人もいるもの。

どんなブローチがどのくらいの価格で買い取ってもらえるのか事例を紹介すると同時に、買取価格をアップさせるためのコツをまとめています。

ダイヤモンドのブローチの買取ポイント

ダイヤモンドブローチの買取査定をする際に、買い取り業者が見分けるポイントを紹介します。

ダイヤモンドの質

やはりダイヤモンドが主役である以上、ダイヤモンドの品質は欠かせない査定ポイントです。カラットの大きなダイヤを使用していたり、曇りがなく輝きの強いダイヤモンドは、品質が高いと認められるでしょう。

買取店によっては、鑑定士の腕に差があり、本当の価値よりも低く見積もってしまう可能性もあります。しっかり鑑定してくれる業者かどうか下調べをしたのちに、見積もりをお願いしましょう。

ブランド品かどうか

ブローチが人気のブランドであれば、査定額アップに繋がります。ブランドとしての付加価値がつくため、ブランドの鑑定書や購入時に商品が入っていた箱もあるとなお良いでしょう。

ダイヤモンドブローチの買取事例集

さまざまな買取店のダイヤモンドブローチの買取実績の一部をまとめてみました。買取見積りの参考にしてみてください。

人気ブランドのダイヤモンドブローチの買取事例

ダイヤモンドブローチの買取事例

引用元:色石BANK
(https://iroishi-bank.jp/iroishi/diamond/9433/)

買取価格:327,000円
ジャンル:ダイヤモンドのブローチ
ダイヤモンド:2.15カラット
品位:-

トンボをモチーフにした、人気ブランドのダイヤモンドブローチで。鑑定士がメレダイヤを1つひとつ鑑定し、透明度・テリともに品質の高いダイヤモンドが使用されていることがわかりました。また、トンボは「「前に進む」「成功」といった意味があり、幅広い世代に好まれるデザインであることから、32万円超えという高額査定が実現しました。

K18WGダイヤモンドブローチの買取事例

ダイヤモンドブローチの買取事例

引用元:GREEBER グリーバー
(https://greeber.jp/kaitori_details.php?n=6876)

買取価格:76,000円
ジャンル:ダイヤモンドのブローチ
ダイヤモンド:1.50カラット
品位:K18WG

1.50ctものダイヤモンドがあしらわれたブローチ。地金にはK18ホワイトゴールドが10.2グラム使用されています。非常に綺麗なダイヤモンドが使用されていたことから、76,000円での買取となりました。

ダイヤモンドブローチの
買取事例をもっと見る

ダイヤモンドブローチを高く買い取ってもらうコツ

宝石専門の買取店で査定・買取してもらう

ブローチのように小さなダイヤモンドをあしらったデザインの多いダイヤモンドジュエリーの場合、ダイヤモンドの買取に強い専門の業者に依頼することが高額買取のコツです。

ダイヤモンドに関する知識や買取経験の少ない買取店だと、メレダイヤのような小さなダイヤモンドの価値を見極められないため、安く買い叩かれてしまうことも…。宝石専門の買取店なら知識や経験の豊富なスタッフが在籍しているため、小さなダイヤモンドをあしらったデザインのブローチでも安心して査定を任せられます。

また、買取店によってはブランドやデザインも評価ポイントとして査定に反映してくれるので、少しでも高く買い取ってもらいたい方におすすめです。

鑑定書・保証書を用意しておく

鑑定書・保証書がある場合は、ダイヤモンドブローチと一緒に持ち込むようにしましょう。

なぜならダイヤモンドの鑑定に自信のない買取店の場合、ダイヤモンドの種類や価値を証明する鑑定書・保証書がないと、本来の価値より低めの査定額を提示する可能性があるからです。鑑定書・保証書があれば査定の基準になるので、適切な査定額を提示してもらいやすくなります。

鑑定書・保証書がない場合は、宝石鑑定士の国際資格を持つスタッフのいる買取店に持ち込みましょう。宝石の価値を見極められる鑑定力を持っているため、鑑定書・保証書がなくても高額買取を目指せます。

査定に出す前にお手入れしておく

査定に出す前にお手入れをしておくと、鑑定士からの印象を良くすることができます。

ほとんど汚れがない状態なら、柔らかい布で優しく乾拭きするだけで問題ありません。汚れが少し目立つようであれば、中性洗剤をぬるま湯で薄めて、柔らかいブラシで優しく洗ってください。このときに強くこすり過ぎると傷がついたり、石が外れてしまったりする可能性があるので、あくまでも"優しく"洗うのがお手入れのポイントです。

査定前だけでなく普段からお手入れをしておくと、ダイヤモンドの魅力である輝きを長く維持できます。普段のお手入れや扱い方が買取価格に影響するため、ダイヤモンドブローチの適切なお手入れや扱い方について、きちんと把握しておくと良いでしょう。

ダイヤモンドブローチの扱い方

日頃のお手入れ・ケア

ダイヤモンドは油になじむ性質をしており、油脂汚れがつきやすい宝石です。油脂汚れがつくとダイヤモンドの輝きを損ねてしまうため、ダイヤモンドブローチを使用した後は必ずお手入れをするようにしましょう。

日頃のお手入れは、柔らかい布やジュエリー専用クロスを使用して優しく拭き取るだけでも十分です。ダイヤモンドの曇りが気になるようであれば、洗面器に入れたぬるま湯に中性洗剤を加え、そこにダイヤモンドブローチをつけ置きします。そうすると油の膜が取れて、曇りが解消されやすくなります。

細かい部分に汚れがある場合は、柔らかいブラシや筆を使って、優しくこするように落としましょう。

ダイヤモンドの曇りや汚れが落ちたら真水でよくすすぎ、柔らかい布で優しく拭き取りながらしっかりと乾かします。お手入れをしても曇りや汚れが解消されない場合は、クリーニングに出すのもおすすめです。

保管方法

ダイヤモンドは意外にも衝撃に弱い宝石のため、ほかのダイヤモンドジュエリーとぶつかると石に傷が入ったり削れたりする原因になります。また、ダイヤモンドの表面が傷ついたり削れたりすると、輝きも失われてしまいます。ダイヤモンドの輝きを長く維持するためにも、ダイヤモンドブローチを外したら専用のケースや小袋などに入れて単体で保管するようにしましょう。

適切に保管することでダイヤモンドの輝きが維持され、高額買取につながりやすくなります。

ダイヤモンドブローチの買取に関するQ&A

Q. 鑑定書がないけれど大丈夫?

A.鑑定書はなくても買い取ってもらえます。鑑定書はダイヤモンドの質を表す書類。あれば、ダイヤモンドの品質を保証してくれるため、買取査定がしやすくなりますが、なくても査定は可能です。ただし、買取店によって査定の腕や経験は異なるため、しっかりと査定してくれるところを選ぶようにしましょう。

Q. ダイヤが取れているけど大丈夫?

A.ダイヤが取れていても買い取ってもらえます。肝心なダイヤモンドが取れていても、それ以外の装飾品や金属に価値がある可能性があります。その場合は、ダイヤ抜きでの価値を査定して買い取ってもらえるのです。

Q. 本物のダイヤかわからないけど大丈夫?

A.買取店で査定してもらえるので大丈夫です。親から譲り受けたり、プレゼントでもらったジュエリーだとダイヤモンドが本物かどうかわからない場合もあるでしょう。その場合でも、買取店によっては、ダイヤモンドの鑑定士が在籍しているお店もあるので安心です。

ダイヤモンドブローチ買取まとめ

ダイヤモンドブローチは使用されているダイヤモンドの数が、他のジュエリーと比べると多く使われていることが多いため、買取店の多くが欲しがる品物です。しっかりと査定の腕があり信頼できるところであれば、予想以上に高い買取価格を提示してもらえる可能性もあります。

関連ページ

宝石買取ハンドブック

ダイヤモンドジュエリーの買取事例
ノジェスのダイヤモンド買取事例
エクセルコのダイヤモンド買取事例
K.uno(ケイウノ)のダイヤモンド買取事例