宝石買取ハンドブック » ルビーの買取相場
実際の査定額で比較!
ダイヤモンドの高額買取業者TOP3
査定調査 5つのダイヤモンドジュエリーを5社に買取査定!その中で査定額が高額だった上位3社を紹介しています。

ダイヤリング

ティファニー

ネックレス

ダイヤリング

ネックレス

ダイヤリング

1位 ドリーム

¥90,000 ¥60,000 ¥130,000 ¥350,000 ¥70,000 ¥200,000

2位 ブランディア

¥90,000 ¥80,000 ¥137,000 ¥300,000 ¥64,000 ¥150,000

3位 大黒屋

¥60,000 ¥45,000 ¥100,000 ¥215,000 ¥45,000 ¥160,000
SWIPE
   

※路線利用者が東京でNo.1の山手線の駅を対象に、宝石買取、ダイヤ買取の店舗が多いエリアから5店舗(ドリーム・大黒屋・七福神・ブランディア・宝石広場)を回り、5つのダイヤモンドジュエリーを実際に査定依頼。その査定額のから算出しております(2022年3月時点)。査定の詳細はこちらをご確認ください。
また、宝石の価格は日によって変動しますので、参考程度にお考えください。

ルビーの買取相場

公開日:|更新日:

ルビーは色石(カラーストーン)のなかでも高級な宝石です。サイズが大きければ大きいほど価値が高い…というのはどの宝石にも言えることですが、ルビーは色味や透明度によって価値が大きく異なり、同じカラット数でも買取価格に大きな差が出ることもあります。

たとえば、ルビーの色は暗すぎても明るすぎてもいけません。暗すぎると石の輝きに影響を与えてしまい、逆に明るすぎるとピンクサファイアとみなされて価値が下がってしまうこともあるのです。

このページではそんなルビーの買取相場や高く買い取ってもらうためのポイント、おすすめの買取店などをまとめています。

ルビーの買取相場

ルビーの買取相場の目安をまとめました。ただし、ルビーの価格は市場の傾向に合わせて変動します。また、ジュエリーとしてのデザイン性やルビー自体の産地、そのほか使われている貴金属・宝石類によって価格にも差が出ます。下記の相場はあくまで目安として考えてくださいね。

参考ページ:福岡宝石市場 公式買取サイト(https://www.feelsogood.jp/colorstone_price/ruby.html)

Sランクのルビーの買取相場

Sランク=色が濃い、内包物がない、透明度が非常に高い

カラット 買取価格(目安)
~0.8カラット 5,000円~15,000円
1.0カラット 15,000円~45,000円
2.0カラット 100,000円~300,000円
3.0カラット 250,000円~750,000円
5.0カラット 500,000円~1,500,000円
10.0カラット 1,500,000円~4,500,000円

Aランクのルビーの買取相場

Aランク=色がやや濃い、わずかな内包物しかない、透明度が高い

カラット 買取価格(目安)
~0.8カラット 2,500円~7,500円
1.0カラット 10,000円~30,000円
2.0カラット 50,000円~150,000円
3.0カラット 150,000円~450,000円
5.0カラット 300,000円~900,000円
10.0カラット 1,000,000円~3,000,000円

Bランクのルビーの買取相場

Bランク=色の濃さが平均的、インクルージョンが見られる、わずかに濁っている

カラット 買取価格(目安)
~0.8カラット 1,500円~4,500円
1.0カラット 5,000円~15,000円
2.0カラット 40,000円~120,000円
3.0カラット 75,000円~225,000円
5.0カラット 150,000円~450,000円
10.0カラット 500,000円~1,500,000円

Cランクのルビーの買取相場

Cランク=色が薄い、インクルージョンが目立つ位置にある、透明度がない

カラット 買取価格(目安)
~0.8カラット 500円~1,500円
1.0カラット 1,500円~4,500円
2.0カラット 10,000円~30,000円
3.0カラット 15,000円~45,000円
5.0カラット 25,000円~75,000円
10.0カラット 125,000円~375,000円

Dランクのルビーの買取相場

Dランク=色がかなり薄い、インクルージョンが目立つ位置にある、かなり濁っている

カラット 買取価格(目安)
~0.8カラット 50円~150円
1.0カラット 250円~750円
2.0カラット 1,000円~3,000円
3.0カラット 2,500円~7,500円
5.0カラット 15,000円~45,000円
10.0カラット 25,000円~75,000円

ルビーを高く買い取ってくれたショップ3選

東京に店舗があり、ダイヤモンドのシミュレーターを公式HPに掲載している5店舗(ドリーム・なんぼや・おたからや・大黒屋・リファスタ)を実際にまわり、ルビーやダイヤモンドなどさまざまな宝石を査定に出してみました。ここでは、ルビーの査定額が高かった上位3店舗を紹介します。

今回査定に出したのは…

ルビーの指輪
ルビーリング
DATA

使用素材:プラチナ900
ルビー:1.24ct
ダイヤモンド合計:0.52ct
鑑別書:Gem Clinic Center

1位:リファスタ

リファスタの公式サイトのキャプチャ
引用元:リファスタ
https://www.jbdream.jp/

ルビーの指輪の買取査定結果¥34,737

「人」「物」「心」の橋渡しがモットー

リファスタでは、思いを汲み取り、「あなたに売って良かった」と思ってもらえるような接客サービス、価格の提供に努めています。買取を通じて「人」「物」「心」の橋渡しすることを役割と考えているようです。

平等なサービス提供のためFC展開はなし

リファスタの特徴は、フランチャイズ展開していないこと。サービスと技術を集約することにより、平等なサービスの提供ができると考えているからだそうです。

リファスタの基本情報

同率2位:ドリーム

ドリームの公式サイトのキャプチャ
引用元:ドリーム
https://www.jbdream.jp/

ルビーの指輪の買取査定結果¥30,000

他店で断られた宝石も金額をつける

保証書や鑑定書がない宝石でも丁寧に査定してくれるのが、ドリームの特徴のひとつ。他店では値段がつかなかったり、嫌がられるような宝石でも、その場で資格をもつ鑑定士が査定してくれます。

幅広い買取形式でさまざまなニーズに対応

来店での買取以外にも、宅配買取や出張買取にも対応。宅配買取は全国OKで、宅配キットや送料は無料。振込手数料やキャンセルにも無料で対応してくれます。東京23区と川崎市、市川市近郊の人限定となる出張買取では、その場で査定から現金の支払いまで行ってくれます。

ドリームの基本情報

同率2位:なんぼや

なんぼやの公式サイトのキャプチャ
引用元:なんぼや
https://nanboya.com/jewelry-kaitori/

ルビーの指輪の買取査定結果¥30,000

主要エリアに店舗があるから持ち込みやすい

銀座に本店を構えている「なんぼや」は、東京都内や横浜、大阪、兵庫、京都などに全国114店舗展開しているチェーン店です(2021年4月時点)。主要エリアに店舗があり、どこも駅から近く徒歩範囲で、直接持ち込みやすいのも魅力です。

力を入れている「おもてなし」の精神

なんぼやが力を入れているのは「おもてなし」。鑑定士をコンシェルジュと称しており、納得感のある説明で評価を得ています。お店の雰囲気づくりもおもてなしのひとつと考えており、入店のしやすさも魅力のひとつです。

なんぼやの基本情報

【査定額で比較】
東京の高額宝石買取店はココ!

そもそもルビーってどんな宝石?

ルビーは古代より肉体や財産を守ってくれるお守りとして愛されてきました。

ルビーと呼ばれはじめたのは中世頃。赤色という意味を持つラテン語「ルベウス」が名前の由来です。血液を浄化し病気を治す力があると信じられており、インドではルビーを粉にして秘薬として用いた時代もあったそうです。

ルビーの特徴と価値

パワーストーンとしての力を持つルビー

「赤い宝石」「7月の誕生石」というイメージがあるルビー。仕事や学業に勝つ「勝利の石」と呼ばれるパワーストーンでもあります。危険から持ち主を守り、不撓不屈の精神を育てながら、勝利に導いてくれる…とされています。

その情熱的な色合いと、勝利という意味合いから「恋愛成就」のパワーストーンとしても有名ですね。

ルビーとサファイアは同じ鉱物から産出される

ルビーはサファイアと密接な関係がある宝石です。それは、ルビーもサファイアも「コランダム」という同じ鉱物から産出されるため。生成の際にクロムが混入すると赤色のルビーとなり、鉄やチタンが混入すると青色のサファイアになります。

また、鉱物に混じる不純物が少ないと赤色、つまりルビーになりやすいという傾向があります。不純物が少ない…とされるのは、具体的な割合で言うと1%以下。ルビーの希少さが実感できるでしょう。

ルビーの色

色は、ルビーの価値を左右する重要な要素です。鮮やかな赤色をしているルビーは高額で取引されますが、オレンジがかっていたり紫が強すぎたりすると価値が大きく下がってしまいます。

ルビーの色は、3種類に分けることが可能です。

ピジョンブラッド

透明度が高く、濃い赤色のこと。主にミャンマーで採れる希少価値の高いルビーで、ルビーの中でもピジョンブラッドは最高級品とされています。

日本の鑑別書で「ピジョンブラッド」と記載できるのは、ミャンマー産と確定したうえで、色の濃さも基準をクリアしたルビーのみ…ですが、海外の鑑別書だとミャンマー産以外のルビーのでも色が濃く透明度が高ければ「ピジョンブラッド」と記載できるので、要注意。鑑別書に書かれている産地を必ず確認するようにしましょう。

ビーフブラッド

鉄分が多く含有されているため、黒みがかった重厚感のある赤色をしています。ビーフブラッドも非常に希少価値が高いため、市場では高値で取引されています。

チェリーピンク

ルビーの中ではもっとも明るく、ピンクに近い赤色をしています。透明感のある可愛らしい赤色で、アクセサリーとして利用されることが多く、人気がないわけではありませんが、ルビーとしての価値はあまり高くありません。また、色合いによってはルビーではなくピンクサファイアだと見なされることもあります。

ルビーの透明度

一般的にルビーは内包物が少なく、透明度が高いほうが美しいとされています。

ただ、なかには例外もあります。それはルビー独特の内包物の入り方によって、光を当てたときに星形(スター)があらわれるスタールビー。不透明でも、このスター効果が美しくあらわれていれば価値は高くなります。ただ、スターの出方が強ければ強いほど透明度は失われていきますので、透明度とスター効果のバランスが非常に重要なポイントとなります。

ルビーの形

ルビーの形は、洋ナシ型のペアシェイプカットやハート型のハートシェイプカットが多いようです。表面にアスタリスク状の光の線が出るスタールビーは、ドーム状のカボションカットにするのが一般的です。

ルビーのクオリティ(品質)

3つに分けられるルビーのクオリティ

ルビーのクオリティは、ジェムクオリティ・ジュエリークオリティ・アクセサリークオリティの3つに分けることができます。

価値が高いのは「ジェムクオリティ」と呼ばれるルビー。無処理でも、赤色と透明度が美しい天然ルビーのことを言います。

2つ目は「ジュエリークオリティ」と言われるルビーで、基準はジュエリーとして使えるレベル。最後は「アクセサリークオリティ」と呼ばれるルビー。美しさは十分でないものの、アクセサリーとして使用できるレベルのものを指します。ジェムクオリティやジュエリークオリティと比べると価格は大きく下がります。

ジェムクオリティの希少性とは?

ルビーの中で価値が高いとされるジェムクオリティのルビーは、産出自体が稀と言われています。その希少性から、市場では非常に高値で取引されています。

加熱ルビーと非加熱ルビー

ルビーはその美しい色味を演出するために、加熱処理または非加熱処理が施されています。

一般的な加熱ルビー

市場に出回るルビーのほとんどは、この加熱ルビーと呼ばれるものです。加熱処理を行う理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は、加熱処理をすることでルビー特有の赤の発色をより鮮明にできるという点。熱を加えることによって、その鮮やかさに磨きがかかり、加熱前とは全く異なる美しさへと変わります。2つ目は加熱処理によって、ルビーの色の濃さを変えられること。色ムラをなくしてより美しい見た目へと変化させられます。

しかし、この加熱処理には卓越したテクニックが必要です。適度な湿度や大気生成、圧力といった条件が揃わなければ成功しません。成功すれば鮮やかな赤を永続的に保てるため、丁寧に加熱処理を行う必要があります。

非加熱処理のルビー

加熱ルビーに比べて透明度が高く、すっきりとした色合いが特徴の非加熱ルビー。加熱ルビーと比べて非常に高価なことから、市場にはあまり出回っていません。

ここで注意が必要なことは「非加熱ルビー=天然ルビーではない」という点です。また。非加熱処理と表示されていても、加熱以外の処理が施されているケースや、分からない程度に加熱処理をしているケースももあるようです。

非加熱ルビーを運よく見つけられたとしても安易には飛びつかず、専門家に鑑定を依頼したほうがよいでしょう。

加熱・非加熱以外の処理方法

ルビーの処理方法は加熱・非加熱以外にもあります。

たとえば他の元素を入れて加熱し元素を含有させる「拡散加熱処理」という方法や、表面のキズや隙間を埋めて耐久性をあげる「含侵処理」など。美しさの更なる向上や耐久性のアップのために、さまざまな手法が活用されているのです。

産地による違い

ルビーの代表的な産地であるミャンマーには有名な産出場が2つあります。また、タイやスリランカなどでも産出されています。

ミャンマー・モゴック産ルビー

ルビーのなかでも1番価値が高いとされるのが、このモゴック産のルビーです。赤色の適度な濃さと適度な透明度の高さが評価されており、非常に美しい発色が特徴です。

古くからルビーの赤色は「ピジョンブラッド」と呼ばれる色合いが最高だとされてきました。このピジョンブラッドのルビーが採れるのはモゴックだけです。

ミャンマー・モンスー産ルビー

ミャンマーのモンスー地方で産出されるルビーは比較的小ぶりなものが多く、小さなジュエリーなどによく使用されています。細かなキズがあるルビーが多く、価値としてはそれほど高いとは言えません。

タイ産ルビー

タイのバンコクは、たくさんのルビーやサファイアが産出されることで有名なエリアです。タイで採れるルビーは黒みが強いというのが特徴。透明度が高いものは価値も高く、濁っていると価値が下がっていきます。

モザンビーク産ルビー

ルビー産地のなかでは、最も新しい産地です。2008年よりタイのマーケットに持ち込まれています。

ややオレンジかかっている赤色が特徴で、近年ではその価値が徐々に認められつつあります。

スリランカ産ルビー

サファイアの産地としても有名なスリランカでは、色が濃く、透明度も高いルビーが産出されやすい傾向があります。まれにモゴック産のルビーにも引けを取らない非常に美しいルビーが採れることもあります。

ルビーの査定・鑑定のポイント

ルビーの品質判定では、色と蛍光反応が重視されます。蛍光反応とは、紫外線を受けると光を発する反応のこと。ルビーには自ら赤い光を放つ性質があるのです。最高級のルビーといわれるピジョンブラッドも強い蛍光反応を示します。

また、産地の違いでルビーの価値が変動することも。肉眼ではほとんど見分けられないような差であっても、産地の違いで価値が変わるケースも珍しくありません。たとえばピジョンブラッドの産地であるミャンマー・モゴックは鉱山が国有化されているうえに紛争が起きやすい地域ということもあって、産出されるルビーの希少価値が高く、相場が跳ね上がっています。

ルビーの買取事例

20ct ルビー・ダイヤモンドリング

ルビーの買取事例
引用元:ドリーム公式サイト
(https://www.jbdream.jp/assessment/961/)

センターストーンに大粒のルビーを、その周りにメレダイヤを敷き詰めたリング。カラーストーンは大きさだけでなく、透明感や色味によって買取価格が決まります。こちらはユニークな色合いと大きさが評価され、20万円での買取となりました。

事例参照元:ドリーム公式サイト(https://www.jbdream.jp/assessment/961/)

ルビー・ダイヤモンド バングル

ルビーの買取事例
引用元:ドリーム公式サイト
(https://www.jbdream.jp/assessment/1233/)

ダイヤモンドとルビーを大胆に配置したバングルの買取事例です。あしらわれている石のカラット数やデザイン性の高さはもちろん、マテリアルである金の重量も価格に反映されます。こちらはカラット数、意匠性、素材の重量のどれもが高評価となり、20万円での買取を実現しています。

事例参照元:ドリーム公式サイト(https://www.jbdream.jp/assessment/1233/)

ルビー・ダイヤモンドリング

ルビーの買取事例
引用元:ドリーム公式サイト
(https://www.jbdream.jp/assessment/962/)

センターストーンを囲むように、波を描くようにルビーとダイヤモンドをあしらったリング。石の大きさはそれほど大きくはないものの、品質やカラットの合計値からも価値を見出すことが可能です。デザイン的な評価も高く、6万円での買取となりました。

事例参照元:ドリーム公式サイト(https://www.jbdream.jp/assessment/962/)

ルビーを高額で買い取ってもらうには

鑑別書をつける

ルビーの鑑別書がある場合は一緒に持ち込みましょう。鑑別書には宝石の種類や施されている加工などが記載されており、宝石の真贋を証明することが可能です。色石の品質評価はプロでも難しいため、査定に出すと必ず「鑑別書はありますか?」と聞かれます。

鑑別書がない場合、業者側が宝石を販売するため新しく鑑別書を取ることがあり、その分の経費を差し引いて見積もりを出す場合があります。すべての鑑別書を一緒に持ち込むと、見積額がほんの少しアップすることも考えられます。すべての業者がそうしているわけではありませんが、鑑別書をつけると査定額が上がる可能性がより高まります。

付属品を残しておく

宝石だけでも高額で取引されるルビーですが、購入時についていた箱や袋などが残っているとさらに高く評価してもらえる可能性があります。購入時と同じ包装状態で査定に出せればベストですね。

普段から保管方法やお手入れ方法に気をつける

万が一手放すときのために、普段から丁寧に保管・お手入れしましょう。日常で使用する程度なら軽く水拭きをするだけでOK。汚れが目立つ場合は、柔らかい布に薄めた中性洗剤を含ませて優しく拭き取りましょう。保管の際は、小分けできるフタつきのジュエリーボックスに入れてくださいね。

汚れを綺麗にしてから査定に出す

宝石の輝きが美しいほど、当然買取額も高くなっていきます。長年使用していたルビーは表面に汚れが付着している可能性が高いので、査定前にやわらかいタオルで優しく汚れをふき取ってあげましょう。

査定や買取で外に出す際は、布でくるんでから持ち運ぶと◎。ジュエリーの場合は付属のケースに入れても良いですよ。

 

宝石買取ハンドブックをチェックする >>

査定調査 9つのジュエリーを5社に買取査定!本当に「信頼できる」ダイヤモンド買取店を教えます。

ダイヤモンドを買い取ってもらうなら、しっかり査定してくれるところにお願いしたい…。そんな思いを抱えた4人が、ダイヤ買取の需要が高い渋谷・新宿・新橋で創業年数の長い5店舗をまわり、実際の査定額をチェック。
赤太字が一番高値がついたお店の金額となっています。

ルビーの
リング
鑑別書あり

サファイヤ
のリング
鑑別書なし

エメラルド
のリング
鑑別書あり

ダイヤの
リング
鑑定書あり

ティファニ
ーのリング
鑑定書あり

ダイヤの
ネックレス
鑑定書あり

ダイヤの
リング
鑑定書なし

ココ山岡の
ネックレス
鑑別書あり

ココ山岡の
リング
鑑定書なし

ドリーム

¥30,000 ¥30,000 ¥65,000 ¥90,000 ¥60,000 ¥130,000 ¥350,000 ¥70,000¥200,000

大黒屋

¥27,000 ¥28,000 ¥37,000 ¥60,000 ¥45,000 ¥100,000 ¥215,000 ¥45,000 ¥160,000

七福神

¥25,000 ¥30,000 査定額提示なし
(直接本部で見たいとのこと)
¥55,000 ¥40,000~50,000 ¥100,000 ¥220,000 ¥35,000¥120,000

ブランディア新宿南口

¥38,000 ¥40,000 ¥60,000 ¥90,000 ¥80,000 ¥137,000 ¥300,000 ¥64,000¥150,000

宝石広場渋谷

¥25,000 ¥28,000 ¥60,000 ¥73,000 ¥50,000 ¥100,000 ¥250,000 ¥50,000¥100,000

路線利用者が東京でNo.1の山手線の駅を対象に、宝石買取、ダイヤ買取の店舗が多いエリアから5店舗をピックアップしています。5店舗に実際に査定した金額を出しています(2022年3月時点)。宝石の価格は日によって変動しますので参考程度にお考え下さい。いずれも税表記なし。

ここPOINT
下田恵子                                        
宝石鑑定士
下田恵子
ダイヤはドリーム、色石はブランディア
                                       

実際に査定に行った結果、ダイヤモンドの価格を算出するシミュレーターとの差もそこまでズレがなく、ダイヤモンド買取で高値を出してくれるのがドリームだとわかります。ココ岡山のダイヤリングや鑑定書なしのダイヤでも他社より高い買取価格に。
ルビー、サファイア、といった色石系は、ブランディアが高値をつける傾向にあるとわかります。実際に査定に行く際の参考にしてみてください。

実際に査定に行った結果、ダイヤモンドの価格を算出するシミュレーターとの差もそこまでズレがなく、ダイヤモンド買取で高値を出してくれるのがドリームだとわかります。38万円の値がついたダイヤリングについては、おたからやも同額をつけています。
ルビー、サファイア、エメラルドといった色石系は、リファスタとなんぼやが高値をつける傾向にあるとわかります。 実際に査定に行く際の参考にしてみてください。

本当に信頼できるのはどこ?8種のジュエリーを5社に査定依頼してみました